クリーンセンター清掃工場への持ち込み(有料)

最終更新日:2021年5月28日

清掃工場へ直接搬入される方へ

政府による緊急事態宣言が発出されています。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止する取り組みとして、清掃工場へ直接搬入される搬入者様の安全確保のため、緊急事態宣言が解除されるまでの期間、清掃工場への持ち込みを自粛して頂きますようお願いします。

本市との関連を装った類似ウェブページにご注意ください

本市との関連を装ったウェブページが確認されております。本市とは一切関係がありませんのでご注意ください。

発火する可能性のある「ごみ」は、清掃工場に搬入できません

令和3年2月23日午前11時20分ごろ、クリーンセンター臨海工場の粗大ごみピット内にて、小火災が発生しましたが、幸い施設に被害もなく消火いたしました。この度の火災の原因は特定できていませんが、全国的にリチウム電池やガスボンベ等が原因で清掃工場やごみ収集車での火災が多発しています。

火災の原因となるものとして、リチウムイオン電池、ニッケル水素電池、ニカド電池、(以下「小型充電式電池」と呼称)や乾電池、ボタン電池があります。特に、デジタルカメラ、ゲーム機や掃除機、充電式ドリル、モバイルバッテリーや電子タバコなど様々な製品に内蔵されている充電池(バッテリー)は、強い衝撃が加わったり変形したりすると、発熱、発煙、発火すると火災の原因となります。

そのようなことから、火災の原因となるバッテリー等を製品から取り外し、リサイクル協力店、回収ボックス及び回収協力店で処理してください。また、ガスボンベ等につきましても、中身を使い切り、他のごみとは分けて別袋に入れて、「スプレー缶」と貼り紙等で分かるように表示し小型金属の回収日に出してください。

なお、これらの詳しい処分方法につきましては、堺市のホームページ及び資源とごみの出し方便利帳を参照してください。

清掃工場への搬入処理手数料が改正されました。

区分 最低単位手数料 加算単位手数料
(1) 破砕施設を使用する廃棄物      (粗大ごみ等) 100キログラムまで一律 1700円 100キログラムを超えると10キログラムごと170円
(2) その他の廃棄物 100キログラムまで一律 1100円 100キログラムを超えると10キログラムごと110円

持ち込む前に、ごみの減量化、資源化ができるものは、積極的に行ってください

分別してごみの減量化・資源化へ

持ち込みできる施設と受入時間

持ち込みできる施設と受入時間
施設 受入時間 曜日

クリーンセンター臨海工場
(堺区築港八幡町1番地70)
電話 282-7400

午前8時30分から
午後4時30分まで

月曜から日曜
(祝祭日も受け入れ)
ただし、施設点検日及び年始は休み。

クリーンセンター東工場
(東区石原町1丁102番地)
電話 252-0815
※現在、e地図帳で東工場までの案内に不具合があります。入口は石原町1丁交差点です。お間違いのないようご注意ください。

午前11時30分から
午後4時30分まで

持ち込みできる人と必要な書類

持ち込む人自ら積みおろしができること
区分 持ち込みできる人 必要な書類
家庭ごみ ごみを排出する人自ら又は、その親族に限る
  1. 持ち込む人の住所、氏名が確認できる書類(自動車運転免許証等)
  2. ごみの発生した場所の住所等が確認できる書類
  • 自宅(自動車運転免許証等)
  • 自宅以外(その住所等が記載された書類。納税関係書類等)
  • 親族のごみを持ち込む場合は、その親族の住所、氏名が確認できる書類(自動車運転免許証等)
  • 親族の遺品整理等の場合は、その亡くなられた方の住所、氏名が確認できる書類(死亡届等)
事業系ごみ

ごみを排出する事業者自ら又は、その事業者と雇用関係にある人に限る

  1. 持ち込む人の住所、氏名が確認ができる書類(自動車運転免許証等)
  2. 事業所の所在地(住所)及び名称(氏名)の確認できる書類(社員証、名刺等)
  3. 雇用関係の確認できる書類(社員証、保険証、名刺等)
  4. ごみの発生した場所の所在地(住所)及び名称(氏名)の確認できる書類
  • 事務所や工場等(社員証、保険証、名刺等)
  • 所有する土地や建物等(納税関係書類等)
  • 借りている土地や建物等(賃貸契約書等)
  • 請負造園(剪定、除草等)事業(契約書、請書等(写し可))

持ち込みできるもの等と注意事項

堺市廃棄物の減量化及び適正処理に関する規則に定める別表第1による。

区分 内容

家庭ごみ

堺市内の家庭の生活に伴い、自ら(親族)が排出し、自ら(親族)が持ち込むもので、収集以外に臨時的に排出されるごみ(市で収集・処理できない物粗大ごみ出し方マニュアルの粗大ごみで収集できないもの(最下部)、下記の物等を除く)。

事業系ごみ 堺市内において、事業活動に伴い排出されるごみで一般廃棄物に限る(動植物性残渣、木くず、紙くず、繊維くず等)。産業廃棄物は除く。産業廃棄物は、廃棄する品目の許可を有する産業廃棄物処理業者に委託してください。

搬入物検査(持ち込みごみの確認検査)を実施しております

搬入物検査(持ち込みごみの確認検査)を実施しております。ご理解とご協力をお願いします。

処理手数料(現金精算)

市の施設への搬入により行う処分(処理手数料)
区分 単位 回数 手数料

(1) 破砕施設を使用する廃棄物

100キログラムまでの場合

1回 1700円

100キログラムを超える場合

10キログラムごとに170円

(2) その他の廃棄物

100キログラムまでの場合

1回

1100円

100キログラムを超える場合

10キログラムごとに110円

ごみの計量方法

ごみの持ち込みは、100キログラムまでに対し、一律100キログラムの処理手数料が必要です。100キログラムを超えると、10キログラムごとの計量となり、処理手数料が加算されます。ごみの計量は、車両に人が載った状態で行い(入出の際に1回ずつ計2回計量)、積載時と空車時の重量差から積載ごみ重量を算出し、その重量に応じて処理手数料を徴収します。(10キログラム未満の端数があるときは、10キログラムとして計算されます。)

持ち込みの注意事項

持ち込む前において

クリーンセンター清掃工場内において

このページの作成担当

環境局 環境事業部 クリーンセンター 管理課
電話:072-252-0815