このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

事業系古紙のリサイクルにご協力を

古紙のリサイクルに取り組まれていない事業者の皆さまへ

 令和元年度における清掃工場へのごみ(一般廃棄物)の搬入量は約25.3万トンで、うち約8.6万トンが事業系一般廃棄物であり、搬入量の約34%を占めています。
 また、事業系一般廃棄物排出実態調査結果(令和元年度)によると、清掃工場に搬入される事業系一般廃棄物のうち、リサイクル可能な古紙は約22%と大きな割合を占めており(下図参照)、堺市において古紙のリサイクル推進は積極的に取り組むべき課題となっています。
 古紙を正しく分別し、リサイクルすることで、ごみの減量と資源の有効利用を図ることができ、環境保全につながります。
 この機会に事業所から出る古紙のリサイクルに取り組んでみませんか?

事業系一般廃棄物に占めるリサイクル可能な古紙の割合


(令和元年度事業系一般廃棄物排出実態調査結果)

事業系古紙回収協力事業所制度の活用を!

事業系古紙回収協力事業所制度とは?

事業所で不要になったOA紙などの古紙を、事業系古紙回収協力事業所の営業時間内であれば、自由に持ち込むことができる制度です。

制度を利用するメリット

  • 保管場所に困っていた古紙を手早く片づけることができます。
  • 営業時間内は、いつでも持ち込むことができます。
  • 回収された古紙は再生紙などに生まれ変わります。

対象となる回収品目

 ※産業廃棄物にかかる紙くずは除く

  • 新聞
  • ダンボール(防水加工したものを除く)
  • 雑誌(カタログ、ノート、パンフレット、書籍などを含む)
  • OA紙(コピー用紙、コンピューター用紙)
  • その他の古紙(チラシ、封筒、包装紙、紙袋、紙箱など)
  • シュレッダー紙

古紙を出す際の注意事項

  • 「新聞」・「ダンボール」・「雑誌」・「OA紙」・「その他の古紙」は回収品目ごとにヒモでしばってください。紙袋には入れないでください。
  • 「シュレッダー紙」は透明の袋に入れてください。
  • ビニールの付いた窓あき封筒などは、ビニールを取り除いてください。
  • 金属やプラスチックが付いたファイル等は、金属やプラスチックを取り除いてください。
  • 紙に貼られたシールや粘着テープは取り除いてください。
  • 禁忌品(下記参照)や古紙以外はリサイクルのさまたげになるので、古紙に混ぜないでください。
  • できるだけ紙ひもを使ってください。

主な禁忌品 ≪古紙に混ぜないでください!≫

  • 防水加工された紙(紙コップ、紙皿など)
  • 油紙  
  • 写真 
  • 金、銀などの金属が箔押しされた紙
  • 合成紙(プラスチック製品で、正確には紙でないもの 【例】選挙公示用ポスター、投票用紙など)
  • 昇華転写紙(捺染紙、アイロンプリント紙、主に絵柄など布地に加熱してプリントする際に使われる紙)
  • 感熱性発泡紙(立体コピー紙、主に点字関係で使用されるもので、熱を加えたところが盛り上がる紙)
  • 感熱紙(感熱ファックス用紙、レシートなど)
  • カーボン紙、ノーカーボン紙(宅配便の複写伝票など)
  • 複合素材の紙(プラスチックフィルムやアルミ箔などを貼り合わせたもの)
  • 臭いのついた紙(石けんの個別包装紙、洗剤や線香の紙箱など) 
  • 汚れた紙(油のついた紙、使い終わったティッシュペーパーやペーパータオルなど) 

古紙回収協力事業所一覧

古紙回収協力事業所を募集しています

参考

このページの作成担当

環境局 環境事業部 資源循環推進課
電話:072-228-7479 ファックス:072-228-7063
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階

このページの作成担当にメールを送る

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る