このページの先頭です

本文ここから

事業系古紙のリサイクルにご協力を

古紙の分別・リサイクルをよりいっそう推進しよう♪

 事業系一般廃棄物排出実態調査結果(令和元年度)によると、清掃工場に搬入される事業系一般廃棄物のうち、リサイクル可能な古紙は約22%と大きな割合を占めており(下図参照)、堺市において古紙のリサイクル推進は積極的に取り組むべき課題となっています。
 古紙を正しく分別し、リサイクルすることで、ごみの減量と資源の有効利用を図ることができ、環境保全につながります。
 この機会に事業所から出る古紙のリサイクルによりいっそう取り組んでみませんか?

<事業系一般廃棄物に占めるリサイクル可能な古紙の割合>

古紙リサイクルのメリット

  • 事業所から出るこれらの紙類を資源化すれば、今より2割もごみを減らすことができ、ごみ処理費用の削減にもつながります。
  • 今までごみとして燃やされていたものがリサイクルされ、再生紙などの新しい製品に生まれ変わることになれば、環境負荷の軽減にもつながります。

古紙をリサイクルする際の注意点

古紙をリサイクルするためには、リサイクル対象品目を正しく分別することが必要です。
▼リサイクル可能な古紙の品目等

事業系古紙回収協力事業所制度

チラシ関係

このページの作成担当

環境局 環境事業部 資源循環推進課

電話番号:072-228-7479

ファクス:072-228-7063

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階

このページの作成担当にメールを送る

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで