このページの先頭です

本文ここから

児童福祉法に基づく障害児支援に関する事業者指定

 児童福祉法に規定される障害児通所支援、障害児入所支援及び障害児相談支援を提供する事業者・施設は、支援の種類および事業所ごとに、指定を受ける必要があります。また、指定を受けた事業所の指定事項に変更が生じた場合は、変更の届出が必要です。

 事業所所在地が堺市内の場合は、堺市(障害福祉サービス課)へ申請してください。

事業者向け情報

障害児通所支援における定員超過利用減算の取扱いについて

 児童発達支援、医療型児童発達支援及び放課後等デイサービスでは、指定基準(※)において、原則として、利用定員を超えて児童発達支援等の提供を行ってはならないこととしており、利用者数が利用定員を一定数上回るときには、定員超過利用減算を算定する必要があります。
 障害児通所支援における定員超過利用減算については、以下の「障害児通所支援における定員超過利用減算の要件等について」のとおり取扱いくださいますようお知らせします。
 また、毎月の報酬の請求に当たり、定員を超過して利用者を受け入れている事業所においては、定員超過利用減算の算定の要否を以下の「障害児通所支援事業所における定員超過利用減算対象確認シート」を用いて確認し、適切な算定を行っていただきますようお願いします。
(※)児童福祉法に基づく指定通所支援の事業等の人員、設備及び運営に関する基準(平成24年厚生労働省令第15号)

新型コロナウイルス感染症に関する国、大阪府からの通知、事務連絡等について(障害児支援)

本市指定障害児支援事業所におかれましては、日々新型コロナウイルス感染症発生防止の取組を行っていただいているところですが、改めて事業所内において発生予防に努めていただきますようお願いいたします。
国、大阪府からの通知、事務連絡等につきましては、以下の大阪府ホームページをご確認ください。

【厚生労働省・大阪府からのお知らせ】社会福祉施設等における新型コロナウイルスへの対応について(障害福祉関係施設)

新型コロナウイルスへの対応に伴う障害児通所支援事業に係る居宅等における支援の取扱いについて

「新型コロナウイルス感染症による学校等の臨時休業に伴う障害児通所支援事業に係る居宅等における支援の取扱いについて」(令和4年2月1日付堺障サ第2282号)

市内の特別支援学校等が臨時休業した場合における、代替サービス(放課後等デイサービス及び児童発達支援の居宅等における支援をいいます。)の取扱いについての通知です。上記の通知内容をお読みいただき、支援を希望する場合は事前に届出書類を提出してください。

↓(令和2年7月22日付堺子家第1453号)

上記通知内容に係る提出書類につきまして、令和3年度以降は障害福祉サービス課に提出してください。

家庭連携加算及び訪問支援特別加算の取扱いについて

(令和2年6月4日付堺子家872号)

緊急事態宣言解除に伴う障害児通所支援事業所等の対応について

緊急事態宣言の継続における障害児通所支援事業所等の対応について

障害児通所支援における医療連携体制加算の算定について

児童発達支援及び放課後等デイサービスにおける令和2年度の報酬区分の見直しについて(通知)

障害児通所支援事業所一覧

その他

放課後等デイサービス

児童発達支援

保育所等訪問支援

障害者差別解消法関係

国通知等

障害児通所給付費等関係

※厚生労働省のウェブサイト

参考

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで