このページの先頭です

本文ここから

食品ロス削減にご協力を

「食品ロス」とは?

まだ食べられるのに廃棄されてしまう食品を、「食品ロス」といいます。
日本では、年間約2,372万トンもの食品廃棄物が出されていますが、このうち食品ロスは、522万トン(消費者庁食品ロス削減関係参考資料令和4年6月14日版より)。
これを国民一人あたりに換算すると、「お茶碗一杯分(約113グラム)の食べ物」を毎日捨てていることになります。
日本の食料自給率は現在38パーセント(令和3年度カロリーベース)で、大半を輸入に頼っていますが、その一方で、食べられる食料を大量に廃棄しているという現実があるのです。

食品ロス削減に向けて

食品ロスの削減には、一人ひとりが「もったいない」を意識して行動することが大切です。
「食ロス『無(ム)』チャレンジ!」を参考に、できることから始めましょう。

食品ロス削減動画を公開中

堺市環境マスコットキャラクターの「ムーやん」が食品ロスについて説明する動画を公開しています。ぜひご覧ください。
「おしえてムーやん!食品ロスってなぁに?」(YouTubeにリンクします)

食品ロス削減に関する取組・イベント

食品ロス削減の出前講座

食品ロスダイアリー

期限切れ食品削減の取組

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで