食品ロス削減にご協力を

「食品ロス」とは?

まだ食べられるのに廃棄されてしまう食品を、「食品ロス」といいます。
日本では、年間約2,759万トンもの食品廃棄物が出されていますが、このうち食品ロスは、643万トン(環境省・農林水産省平成28年度推計)。
これを国民一人あたりに換算すると、「お茶碗一杯分(約139グラム)の食べ物」を毎日捨てていることになります。
日本の食料自給率は現在37パーセント(平成30年度カロリーベース)で、大半を輸入に頼っていますが、その一方で、食べられる食料を大量に廃棄しているという現実があるのです。

食品ロス削減に向けて

食品ロスの削減には、一人ひとりが「もったいない」を意識して行動することが大切です。
「食ロス『無(ム)』チャレンジ!」を参考に、できることから始めましょう。

食品ロス削減動画を公開中

堺市環境マスコットキャラクターの「ムーやん」が食品ロスについて説明する動画を公開しています。ぜひご覧ください。
「おしえてムーやん!食品ロスってなぁに?」(YouTubeにリンクします)

食品ロス削減に関する取組・イベント

食品ロスダイアリー