このページの先頭です

本文ここから

国保の保健事業について

 堺市国民健康保険の被保険者の健康の維持増進、病気の予防や早期発見など生活の質の維持・向上を目的として、総合的かつ効果的に保健事業を実施しています。

人間ドック助成事業

 健康の維持増進と疾病予防を目的として、「人間ドック(総合健康診断日帰りコース)」を実施し、受診費用の助成を行っています。

 
 
人間ドックまたは特定健康診査のいずれかを毎年1回受診できます。
定期的に健診を受けましょう!

アスマイル事業(おおさか健活マイレージ)について

 大阪府が提供する、府民の健康をサポートするスマートフォンアプリを活用した事業です。
 堺市国民健康保険に加入している40歳以上の方は、人間ドックまたは下記特定健康診査(特定健診)を受診すると、電子マネー等に交換できるポイントがもらえます。また、堺市国民健康保険に加入していない方でも府内在住の18歳以上であれば、健康に関する取り組みを行うことで、抽選に参加できるポイント等がもらえます。
特に、令和4年7月1日から、60歳以上堺市民限定で、新規登録キャンペーンを実施します。 
詳しくは、下記リンク先・チラシデータをご覧ください!

 

特定健康診査(特定健診)・特定保健指導等の推進

 「高齢者の医療の確保に関する法律」第19条(特定健康診査等実施計画)の規定により策定した「堺市特定健康診査等実施計画」に基づいて、生活習慣病の予防を推進するために特定健康診査受診者の増加に努めるとともに、特定保健指導をより効果的に実施することによりメタボリックシンドロームの該当者及び予備軍の減少を図っています。

 
 
 堺市国保では、40歳から74歳までの方を対象として特定健康診査(問診、身体計測、血圧測定、血液及び尿等の検査)を実施しています。検査結果でメタボリックシンドロームに該当する方や予備群を判定し、医師、保健師、管理栄養士などによる特定保健指導(食事・運動等による生活習慣改善のための指導・支援等)に参加していただくことになります。
 この特定健康診査を受けていただく対象となる方には、別途「特定健康診査受診券」、「特定健康診査受診票」を受診案内とともに送付しますので、案内に記載の健診機関で、国民健康保険被保険者証を提示のうえ、受診してください。
 糖尿病や高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病の早期発見・進行予防のために、毎年受診して体の状態の経年変化を見ることが大切です。

堺市国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)の策定

 健康・医療情報を活用してPDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保健事業の実施を図るため、堺市の被保険者の健康課題や医療費の現状を把握し、これに基づく被保険者の健康保持増進を目的とした堺市国民健康保険保健事業実施計画(データヘルス計画)を策定しています。

糖尿病性腎症重症化予防業務

 堺市データヘルス計画に基づき、国民健康保険被保険者の健康・医療情報を活用し、糖尿病及び糖尿病性腎症の重症化リスクが高い方に対して保健指導を行い、重症化しないよう予防する事業を行っています。

介護予防・健康づくり(堺市民への取り組み)

 堺市では国保の保健事業以外で、介護予防・健康に取り組んでいます。ぜひご覧ください!

 関西大学との地域連携事業の1つとして作成した、堺市版介護予防体操です。
 楽しく身体を動かしながら脳を活性化させる、ココロとカラダを元気にする体操です。

 生活習慣病及び生活機能低下のリスクを軽減し、市民の健康増進を図ることを目的とした体操です。
 谷本先生の声かけに合わせ、ハニワ部長と一緒に体操に取り組むことができるほか、谷本先生が1日10分間の身体活動をプラスするコツや筋肉をつけるポイントも解説されています。

問い合わせ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで