このページの先頭です

本文ここから

まちなかソーラー発電所の推進

「環境モデル都市」である堺市では、将来にわたって「快適な暮らし」と「まちの賑わい」が持続する低炭素都市『クールシティ・堺』の実現に向けて、まち全体で太陽エネルギーを活用する「まちなかソーラー発電所」事業を推進しています。

具体的には、住宅への太陽光発電設備等の普及とともに、住宅や公共施設においても率先導入に努めています。また、市有施設の屋根を民間事業者に貸し出す「屋根貸し」や市が借り受けた地域会館等の屋根で民間事業者が発電する「リース」など、民間資金を活用した太陽光発電設備の導入拡大にも取り組んでいます。

堺市内における太陽光発電導入状況

太陽光発電補助件数グラフ

堺市地域エネルギー施策方針に基づく目標達成状況

https://www.city.sakai.lg.jp/smph/shisei/gyosei/shishin/kankyo/ondanka/energy_policy.html
戸建住宅における太陽光発電普及率は政令市の中で全国4位、関西では1位となっています。

詳しくは、以下のページをご覧ください。

本文ここまで