このページの先頭です

本文ここから

女性活躍推進

堺市の女性活躍推進施策

官民が連携した女性の就労課題解決への取組

堺市域において働く女性のネットワークを形成し、女性活躍の推進に向けた課題を官民で共有し、解決に向けて
取り組む「SAKAI Women’s Active Meeting」を実施し、市内事業所・企業16社と堺市の女性従業員24人が意見
交換を行いました。

働きたい・働く女性を支援します

出産、育児等で離職していた女性や転職等早期の就職を希望する全年齢の女性を対象に、就職相談やセミナーの開催等、再就職の支援を行っています。

事業主の皆様へ

女性の雇用・就労促進を目的に、女性の職域拡大につながる職場環境整備に必要な経費の一部を補助しています。

堺市職員への取組

「次世代育成支援対策推進法」及び「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」に基づく特定事業主行動計画として、本市が抱える課題の解決に向け、「男性職員の家事・育児等への参画意識向上」と、「女性職員のさらなる活躍」及び、働き方の見直しを含めた「ワーク・ライフ・バランスの実現」を一体的に推進するため、平成31年1月に策定しました。

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言への賛同

堺市長が「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会 行動宣言」に賛同しました!

令和元年8月、堺市長の永藤英機は、内閣府が支援する「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言に賛同しましたので、お知らせいたします。

■「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言について
平成26年3月に首相官邸で開催された「輝く女性応援会議」を契機に、平成26年6月、女性の活躍推進に積極的に取り組んでいる企業の男性リーダーにより「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言が策定されました。

同行動宣言は、組織のトップを務める男性リーダーが、様々な女性の意欲を高め、その持てる能力を最大限発揮できるよう、「自ら行動し、発信する」「現状を打破する」「ネットワーキングを進める」ことを宣言するものです。

行動宣言に賛同する男性リーダーが、宣言に沿って具体的な取組を進め、取組の輪を社会的に影響力のある男性リーダーに広げていくことをめざしています。

ワーク・ライフ・バランスの推進

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)とは、市民一人ひとりが、年齢や性別にかかわらず、やりがいや充実を感じながら働き、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生のライフステージに応じてさまざまな生き方を選択することです。現状では主として家事・育児や介護などを担っている女性のアンペイド・ワーク(賃金が支払われない労働)に対する評価を是正し、雇用における男女の均等な待遇をめざし賃金格差を解消することや、また、長時間労働を前提とした従来の働き方を見直すことにより、仕事と生活が両立できる社会を実現することが必要です。また、今後さらに人口減少・高齢化が進行し、労働力人口の減少、グローバル化が進展することをふまえれば、雇用の場において、女性をはじめ多様な人材の活躍を促進することは、必要不可欠です。

本文ここまで