このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

犬・猫を飼えなくなったら

更新日:2019年12月9日

本当に飼い続けることはできないでしょうか?

 犬・猫を手放す前に、自分がこのまま飼い続けられる方法がないか、もう一度考えてください。
 もちろん飼い主さんにも様々な事情があると思います。
 ただ、飼い主さんが、おうちのペットとして受け入れたわんちゃんねこちゃんです。
 安易に動物指導センターへ引取依頼することはしないでください。
例) ・引っ越し先が動物飼育禁止だから飼えない
    →動物飼育可の物件を検討する
   ・咬む、気が強いから飼えない
    →しつけの専門家等に相談し、改善を試みる
   ・病気である
    →かかりつけの獣医師(動物病院)へ相談する
   ・自分が高齢で散歩やお世話が辛い
    →自分にできるところまではお世話し、できない部分はペットシッター等に相談する

どうしても飼い続けられないときは…

 どうしても飼えない場合は、飼い主の責任として、新しい飼い主を探してください。
今まで暮らしてきた犬・猫へ、飼い主として最後にしてあげられる仕事です。
犬・猫の未来がかかっています。飼えない事情があったとしても、最後まで、努力を惜しまず探してください。

新しい飼い主の探し方の例

・譲渡先を探すチラシを作り、近隣やペットショップ、動物病院などにお願いして掲示してもらう。
・地域雑誌のペットコーナーに掲載する。
・SNSや犬猫譲渡サイトに掲載する。
・愛護団体等に相談する。
・動物指導センターで譲渡希望の書類を出す。
 どうしても見つからなくて手段がなくなってしまった時には、市で犬・猫の引取り(有料・事前予約制)ができますので、必ず事前にお電話でご相談ください。
一度引取りされた犬・猫は、いかなる理由があってもお返しすることができません。その後のお問い合わせもお受けできません。
 引取った犬・猫は、致死処分となることがありますので、市への引取りは最終手段としてお考えください。

新しい飼い主を探すためのチラシ

新しい飼い主を探すためのチラシ(ひな型)を掲載しています。
チラシ作成の際にご活用ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 保健所 動物指導センター
電話:072-228-0168 ファックス:072-228-8156
〒590-0013 堺市堺区東雲西町1丁8-17

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る