このページの先頭です

本文ここから

子宮頸がん予防ワクチン接種

子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨について

 子宮頸がん予防ワクチンの接種については、まれに重い副反応が発生していることから、平成25年6月14日付の厚生労働省の勧告に基づき、市から対象者の方への接種勧奨を差し控えていましたが、令和3年11月26日付けで同通知が廃止されたことに伴い、積極的な接種勧奨が再開されることになりました。
接種を希望される場合は、必ずワクチン接種の有効性と接種による副反応を十分にご理解いただいた上で接種してください。
 なお、積極的な勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方への対応については、「子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)のキャッチアップ接種について」をご覧ください。

厚生労働省ホームページ

平成25年4月1日から定期接種になりました。

予防接種法の改正により、平成25年4月1日から子宮頸がん予防ワクチンが定期接種となりました。

対象者

12歳となる日の属する年度の初日から16歳となる日の属する年度の末日までの間にある女子
(小学校6年生から高校1年生相当の女子)

標準的な(望ましい)接種期間

中学校1年生の間

接種回数

3回接種となります。

 子宮頸がん予防ワクチンには「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類があります。
 子宮頸がんの予防効果は、「サーバリックス」、「ガーダシル」ともに同じです。いずれのワクチンも、3回接種しないと十分な効果が得られません。
 また、最初に選択し接種したワクチンは途中で変更することはできません。必ず同一のワクチンを3回続けて接種してください。

「サーバリックス」を接種する場合

 1カ月の間隔をおいて2回接種し、1回目の接種から6カ月の間隔をおいて3回目の接種を行います。
 ただし、この接種間隔で接種できない場合は、1カ月以上の間隔をおいて2回接種し、1回目の接種から5カ月以上、かつ2回目の接種から2カ月半以上の間隔をおいて3回目を接種します。

「ガーダシル」を接種する場合

 2カ月の間隔をおいて2回接種し、1回目の接種から6カ月の間隔をおいて3回目の接種を行います。
 ただし、この接種間隔で接種できない場合は、1カ月以上の間隔をおいて2回接種し、2回目の接種から3カ月以上の間隔をおいて3回目を接種します。

接種を受けるには?

予防接種を受けようとするときは医療機関にあらかじめ電話等で予約し、接種日時を確認してください。
接種当日は、母子健康手帳と健康保険証を持参してください。

なお、予診票は医療機関に配置しています。

実施協力医療機関につきましては、こちらをご覧ください。
 ※接種当日は、原則、保護者の同伴が必要です。

その他

このページの作成担当

健康福祉局 保健所 感染症対策課

電話番号:072-222-9933

ファクス:072-222-9876

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで