このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

西区 ひと・まち・資源がつながり 笑顔かがやくまち 西区 西区のホームページにようこそ
  • くらしの情報
  • 区の魅力
  • まちづくり
  • 区の取り組み
  • 区役所案内

本文ここから

津久野校区

更新日:2019年3月26日

地名の由来

『地名「踞尾」から「津久野」へ』

 踞尾の地名の由来は諸説あるが、反正、仁徳、履中の3御陵の真南正面に位置し、朝に夕に踞い拝していたところから、踞い居るがやがて「踞尾」になったとも言われている。
 約140年前は堺県大鳥郡踞尾村、後に大阪府泉北郡踞尾村になるが、当時は大字踞尾(東、中、西、宮山)と字神野、字下田に分かれていた。この地名は、今なお地車曳行の6地区の組として残っている。
 その後の向ヶ丘団地施工に伴い、昭和35年に地元の念願であった阪和線新駅の開通となった。当初は「踞尾」という駅名を嘆願していたが、読み難いこと等から、「津久野」となった。
 そして、昭和39年の駅前区画整備事業で、町名だけでなく、出張所、小学校、幼稚園など公的施設においても、「踞尾」から「津久野」に名称変更された。

【文献】
 ・踞尾と家原(S61.4.29)
 ・榧と黐の樹陰に(H8.4.29)
 ・写真で見る西区今昔物語(H20.3月)等

万年橋


万年橋

 昔は橋の下を旧石津川が流れていたが、どんな橋をかけても氾濫の度に橋が崩れていた。そこで、昭和7年に地元が協力し全国でも稀なアーチ型鉄筋コンクリート吊り橋を作り上げた。
 その後、昭和30年代の駅裏開発で蛇行する旧石津川の大改修が進み“川のない橋”になるが、歴史の証しとして橋を残すこととなった。

 『石津川の古き流れは今この橋の下に眠る』藤井太一氏詠歌

このページの作成担当

西区役所 自治推進課
電話:072-275-1902、(美化係)072-275-1924 ファックス:072-275-1915
〒593-8324 堺市西区鳳東町6丁600

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

堺市他区のホームページ

堺市西区役所

〒593-8324 堺市西区鳳東町6丁600番地 各課などの業務内容・お問い合わせ先はこちら
開庁時間 午前9時から午後5時30分まで(窓口受付は午後5時15分まで)(土曜・日曜日、祝日、年末年始を除く)
ニッシーちゃん
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る