このページの先頭です

本文ここから

消費生活

堺市立消費生活センター

消費生活センターのご案内

堺市立消費生活センターでは、商品やサービスに関する事業者との契約トラブルや悪質商法による被害などについて、消費者の皆さまからのご相談をお受けしております。

消費生活センターへのご相談にあたって(お願い)

1月27日(木曜)からの大阪府における「まん延防止等重点措置」の適用に伴い、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、可能な限り電話相談をご利用くださるようお願いします。

来所相談について

やむを得ないご事情等により来所される際は、以下のことについてご協力をお願いします。

  • 来所前の検温の実施
  • 入室時における手指のアルコール消毒の実施
  • マスクの着用

なお、咳や発熱症状など体調に不安がある場合は、お電話でご相談いただくか回復されてからの来所をお願いします。
また、ご相談に的確に対応するため、相談内容に関する契約書等の資料があればご持参ください。

消費生活相談専用ダイヤル

電話:072-221-7146 ファックス:072-221-2796

相談受付時間

午前9時から午後5時まで

(土曜・日曜・祝日及び年末年始を除く。)

所在地・アクセス

堺市堺区北瓦町2丁4番16号 堺富士ビル6階
(最寄駅:南海高野線「堺東駅」 北西出口下車 徒歩約3分)
地図はこちらへ(堺市e-地図帳)(外部リンク)
※1階に「みずほ銀行」があるビルです。

消費生活センターが入居している堺富士ビルの写真

堺市立消費生活センター公式Twitterのご案内

堺市立消費生活センターでは、悪質商法や特殊詐欺等による消費者被害の未然防止に関する注意喚起情報などの役立つ情報を発信するため、公式Twitterアカウントを開設し運用しています。ぜひ皆さまのフォローをお願いします!
アカウント情報や運用方針について、詳しくは以下のページをご覧ください。

消費者庁LINE公式アカウント「消費者庁 若者ナビ!」の開設について

2022年4月に予定されている成年年齢の引下げにより、知識や経験の乏しい18歳~19歳の消費者トラブルの増加が懸念されています。
消費者庁では、若年者層を中心とした消費者に積極的にアプローチしていくため、消費者庁LINE公式アカウント「消費者庁 若者ナビ!」を開設しています。若年者層が陥りやすい消費者トラブルの防止や救済に役立つ情報が発信されますので、ぜひ友だち登録をお願いします。

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

消費者庁 新型コロナ関連消費者向け情報公式LINEアカウントについて

消費者庁では新型コロナウイルス感染症に関する情報をお届けするため、LINE公式アカウントを開設しています。
公式アカウントを「友だちに追加」していただくと、「消費者庁 新型コロナ関連消費者向け情報」から最新情報を受け取ることができます。

新型コロナワクチンに便乗した詐欺にご注意ください!

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだましとろうとする電話に関する相談が各地の消費生活センターへ寄せられています。
市区町村等が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話・メールで求めることはありませんのでご注意いただき、怪しいと思ったらご相談ください。

国民生活センター 新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン

電話:0120-797-188 (フリーダイヤル)

警察相談専用電話

電話:#9110 (通話料有料)

新型コロナウイルスの研究用抗原検査キット及び抗体検査キット使用についての注意

消費者庁では、市販されている新型コロナウイルスの研究用抗原検査キット及び抗体検査キットについて、国が認めた体外診断用医薬品ではないとして、自己判断で感染の有無を調べる目的で使用しないよう注意を呼びかけています(国が認めたものを除く)。
新型コロナウイルスへの感染が疑われる場合には、医療機関等にご相談ください。

消費者トラブルに関する相談例やトラブル防止のための対処法などを掲載しています。

消費生活センターからのお知らせを掲載しています。

消費生活センターが開催する講座やイベントの情報を掲載しています。

新着情報

現在ご案内している情報はありません。

消費者庁及び国民生活センターによる公表資料

消費者庁独立行政法人国民生活センターが公表している消費者向けの注意喚起情報等を掲載しています。

事故・リコール・商品回収情報

各関係機関で公表されている製品事故・リコール・製品回収に関する情報へのリンクをまとめております。

その他のメニュー

関連ホームページリンク

関連情報を掲載している機関や団体のホームページへのリンクを掲載しています。
(以下のバナーをクリックすると外部のホームページへ遷移します。)

本文ここまで