このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

マイナンバーカードの健康保険証利用について

更新日:2021年4月27日

令和3年10月までに、マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになる予定です。

運用開始後は、カードリーダーが設置されている医療機関や薬局で、国民健康保険被保険者証、後期高齢者医療被保険者証、限度額認定証など(以下「保険証」という。)を提示しなくても、マイナンバーカードを医療機関等に設置されたカードリーダーにかざすだけで、受診できるようになります。
ただし、マイナンバーカードを保険証として利用するためには、事前に利用申込が必要です。利用申込はパソコンやスマートフォンを使って、マイナポータルから行うことができます。利用申込については、以下のチラシやマイナポータルをご参照ください。

『マイナンバーカードが健康保険証として利用できます』(PDF:1,941KB)
(外部リンク)マイナポータルのトップページ


(注1)マイナンバーカードの健康保険証利用は、令和3年3月開始予定とされていましたが、本格運用の開始日が延期されました。
(注2)従来の保険証でも、これまでどおり受診ができます。(保険証が使えなくなることはありません。更新の時期が来ましたら、新しい保険証を送付します。)
(注3)一部の医療機関等では、本格運用の開始までプレ運用(先行導入)を行っています。ただし、本格運用が開始されるまでの間は、プレ運用を行っている医療機関等であっても、必ず保険証をお持ちください。
プレ運用を行っている医療機関等は、厚生労働省のホームページをご覧ください。
(外部リンク)マイナンバーカードの健康保険証利用対応の医療機関・薬局についてのお知らせ

よくあるご質問

Q1.マイナンバーカードがなければ、病院などで受診できなくなるのですか。
A1.マイナンバーカードをお持ちでなくても、これまでと同じように医療機関や薬局で保険証を提示して受診することができます。

Q2.マイナンバーカードを保険証として利用し始めたら、今持っている保険証を使うことができなくなりますか。また、今後、保険証は届かなくなりますか。
A2.従来の保険証も引き続きお使いいただけます。また、マイナンバーカードを保険証として利用されている方も含め、今までどおり保険証は発行します。

Q3.マイナンバーカードは、すべての医療機関や薬局で利用できるのですか。
A3.マイナンバーカードで受診できるのは、カードリーダーが設置されている医療機関・薬局に限られます。導入されていない医療機関や薬局では、従来どおり保険証の提示が必要となりますので、受診を希望される医療機関や薬局においてカードリーダーが導入されているかご確認ください。
なお、訪問看護ステーション、整骨院等、鍼灸、あんまマッサージについては、現時点でマイナンバーカードでの受診対象外となっています。これらを受診する際は、必ず保険証をお持ちください。

マイナンバーカードの健康保険証利用についてのお問い合わせ

マイナンバー総合フリーダイヤル

0120-95-0178

受付時間(年末年始を除く)
平日:9時30分から20時00分
土日祝:9時30分から17時30分

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る