このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

移動支援事業(ガイドヘルプサービス)

更新日:2020年3月27日

移動支援事業(ガイドヘルプサービス) 【身体障害者・知的障害者および精神障害者の方に共通の情報です】

 「障害者総合支援法」では、ガイドヘルパーの制度は市町村が行う地域生活支援事業の1つとして位置付けられています。
堺市では、以下のとおり実施しています。

サービス内容

 屋外での移動が困難な方に対してガイドヘルパーが付き添いを行うことにより、社会生活上必要不可欠な外出や、余暇活動等社会参加のための外出の際の移動を支援します。

対象者

 単独で外出することが困難で、付き添いを必要とする状況にある全身性障害者、知的障害者及び精神障害者(行動援護、重度訪問介護利用者を除く。)
 なお、視覚障害者の方については、「同行援護」の利用となります。

利用者負担の仕組み

 堺市では、所得にかかわらず一定時間数までの利用については無料とし、それを超える利用についてのみ1割負担(30分あたり80円となります。)が発生する仕組みとすることで、利用者の負担軽減、社会参加の促進を図っています。

区分 無料 1割負担
身体障害者 ~25時間 ~50時間
知的障害者・精神障害者 ~18まで ~40時間
18歳未満の障害児 ~10時間 ~20時間
(8月のみ40時間)
施設入所者
(18歳以上)
一時帰宅中の外出 ~15まで ~25時間
施設を起点とする外出 ―― ~25時間
施設を起点とする外出で、地域生活への移行を目指す場合(1年間のみ) ~15時間 ~25時間

※市民税非課税世帯の場合は、1割負担はありません。

サービス利用の仕組み

障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスと同様です。

問合わせ先

各区地域福祉課又は各保健センター

<2人介護対象者の利用時間>(2019年度より)

 対象者1人に対してその移動支援の提供に2人のガイドヘルパーが従事する場合は、上記の利用時間数の2倍の範囲で利用する事ができます。

問合わせ先

各区地域福祉課又は各保健センター

<重度訪問介護利用者の大学修学支援事業>(2019年度より)

 重度訪問介護を利用する障害者を対象に大学などに修学する際の通学及び大学などの敷地内における身体介護などの支援を実施します。

移動支援(ガイドヘルプ)登録事業所一覧

問合わせ先

各区地域福祉課又は各保健センター

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

健康福祉局 障害福祉部 障害施策推進課
電話:072-228-7818 ファックス:072-228-8918
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館7階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

障害福祉のしおり

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る