レジ袋の削減にご協力を

 プラスチックは、丈夫、軽い、加工しやすい、密閉性も高いなどの利点から、私たち生活に欠かせないものとなっています。一方で、毎年、膨大な量のプラスチックが生産され、消費され、捨てられることにより、海洋プラスチックごみ問題や地球温暖化などの深刻な問題を引き起こしています。私たちは、プラスチックごみの発生をなるべく減らしく必要があります。

 このような状況を踏まえ、令和2年7月1日より、全国でレジ袋が有料化されました。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。

 皆さんも、日頃からマイバッグを持ち歩き、レジ袋の削減にご協力ください。

レジ袋の有料化について

詳しくは国(経済産業省)のホームページをご確認ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

レジ袋削減のためにできること

レジ袋の削減には一人ひとりの心がけが大切です。

など、できることから始めましょう。

レジ袋を削減するとこんな効果が!

 他にも、ごみ処理費用の削減など様々な効果が期待されます。

堺市の取組

堺市では、レジ袋削減に向け、下記の取組を実施しています。

関連リンク

このページの作成担当

環境局 環境事業部 資源循環推進課
電話:072-228-7479