ごみを減らす4R運動

最終更新日:2021年6月21日

ごみの4R運動って?

堺市では、環境に優しいまちをめざして、ごみを減量化・リサイクルをすすめており、次の「ごみの4R(よんあーる)運動」を推奨しています。

【1】とわろう    ………Refuse(リフューズ)
~~ごみになる物は発生源から断ちましょう~

【2】んりょうしよう ………Reduce(リデュース)
~~ごみとなる物が少なくなるように行動しましょう~

【3】りかえしつかおう………Reuse(リユース)
~使わなくなった物は他に活用する方法を考えましょう~

【4】しげんかしよう………Recycle(リサイクル)
~資源ごみは積極的にリサイクルし、有効活用を進めましょう~

「4R」とは、4つの言葉の英語の頭文字(R)をとった、ごみを減らすためのキーワードです。
優先度の高い、【1】 から【4】までの順に、1人ひとりが継続的に行動することが大切です。

「こげくさい」で覚えよう

ごみの4R運動は、それぞれの日本語の頭文字「こ」「げ」「く」「さい」をとって、「こげくさい」と覚えましょう!

なぜごみの「4R運動」に取り組むの?

(1)低炭素社会の形成+生物多様性の保全

ごみが減れば、今の地球の自然環境や生物を守り、将来に残すことができます。

→CO2は地球を温暖化させるので、海の氷がとけたり、異常気象が起こったりします。
→異常気象による環境の変化が、地球上の野生生物の絶滅を進行させます。

(2)限りある資源の保護

資源を大事に賢く使ったり、再資源化したりすれば、ごみが減り、資源を将来に残すことができます。

→再生資源が増えれば、新たに使う資源が少なくてすみます。

(3)清掃工場の安定処理や埋立処分場の長寿命化

ごみが減れば、清掃工場でより安定してごみを燃やしたり、埋立処分場をより長く使ったりできます。

→清掃工場で燃やすごみの減量
→施設や設備の負担の軽減
→より安定的にごみを処理していくことができます。

→埋め立てる灰や不燃物の減量
→より長く使用できます。
※大阪沖埋立処分場…2032年度末で埋立満了予定→長寿命

(4)ごみ処理経費の削減

ごみが減れば、ごみ処理に使われるお金(税金)を減らすことができます。

= 堺市民1人あたり 約9,200円

ごみの4R運動の具体例~ごみそのものを減らす行動

【1】とわろう………Refuse(リフューズ)


マイバッグ持参でレジ袋を断る

~ごみになる物は発生源から断ちましょう~

【2】んりょうしよう ………Reduce(リデュース)


詰め替え用を選ぶ

~ごみとなる物が少なくなるように行動しましょう~

ごみの4R運動の具体例~再利用・リサイクルの行動

【3】りかえしつかおう………Reuse(リユース)


フリーマーケットなどを活用する

~使わなくなった物は他に活用する方法を考えましょう~

【4】しげんかしよう………Recycle(リサイクル)


正しく分別してリサイクルへ

~資源ごみは積極的にリサイクルし、有効活用を進めましょう~

<リサイクルの種類>

マテリアル・リサイクル

スチール缶を再生し鉄筋などの建設資材として再生利用すること

ケミカル・リサイクル

プラスチックの油化など、化学反応により物質が変化した状態で再生利用すること

サーマル・リサイクル

ごみを燃焼しボイラーで発生した蒸気を利用して、熱源として使うか、発電を行うこと

みんなでごみを減らすには?~一人ひとりがごみを減らす主人公に~

ごみを減らすためには、みんなの小さな積み重ねが大きな力となります。

「ごみになるものは買わない、持ち込まない、作らない」を基本に、一人ひとりが減量行動を実践しましょう!

減量効果の具体例

紙パック類(1,000ミリリットル)…30グラム
ペットボトル(500ミリリットル)…35グラム
紙製手提げ袋(大)…50グラム
レジ袋1枚…5グラム
食品トレイ1枚…5グラム
紙コップ1個…5グラム
割りばし1膳…5グラム
紙皿1枚…10グラム
洗剤容器1個…30グラム
ごはん1杯…100グラム
うどん1玉…250グラム
ソーセージ1本…80グラム
きゅうり1本…100グラム
キャベツの葉1枚…10グラム
Tシャツ1枚…130グラム
トレーナー1枚…200グラム
ティッシュ1箱…200グラム
シャンプーボトル1本…60グラム
雑誌・週刊誌1冊…300グラム
新聞1部…140グラム

4R運動に関する資料等

啓発パネル

堺市のごみのことがよくわかるガイドブック

このページの作成担当

環境局 環境事業部 資源循環推進課
電話:072-228-7479