利用案内

<開館について>

堺市博物館は感染防止対策を徹底したうえで、10月1日より開館しています(月曜日は休館日です)。

より一層の感染防止対策へのご協力をお願いいたします。

なお、今後の状況により予告なく予定を変更することがあります。詳しくは当館HPをご確認ください。

<ご来館のみなさまへのお願い>

 新型コロナウィルス感染予防の観点から、ご来館のみなさまにご協力いただきたい重要事項があります。必ずご確認ください。
ご来館のみなさまへのお願い(重要)
 
 ※茶室に関するお問合せは、堺観光コンベンション協会(TEL072-233-6601)にお願いいたします。

開館時間

午前9時30分から午後5時15分

(入館は午後4時30分まで)

休館日

観覧料(1人1回につき)

区分 個人 団体(20人以上)
一般 200円 160円
高校生
大学生
100円 70円
小学生
中学生
50円 30円

※堺市在住・在学の小・中学生は無料です。
※堺市在住の65歳以上の方は無料です。(住所及び年齢を確認できる証明書をご提示ください。)
※障害のある方は無料です。(障害者手帳などをご提示ください。)

堺市博物館へのアクセス

堺市博物館へのアクセス地図

公共交通

最寄駅

乗車案内

乗車案内図

車でのアクセス

※できるだけ電車・バスをご利用ください

駐車場及び料金

最寄り駐車場

大仙公園第三駐車場(有料) 午前8時から午後8時 
お問合せ先:(公財)堺市公園協会(電話:072-245-0070

料金

バリアフリー情報

障害のある方とその介護者は入館無料です。

 入館の際に障害者手帳などをご提示ください。

車椅子をご使用の方へ

・車椅子は4台ご用意しております。ご利用の際は受付にお申し出ください。
・介護タクシー等で来館される場合は博物館にご相談ください。

バリアフリー施設

 1階:地階へのエレベーター、多目的トイレ(オストメイト用設備あり)。

小さいお子様をご同伴の方へ

・ベビーカーを1台ご用意しております。ご利用の際は受付へお申し出ください。
・おむつの交換台とベビーチェアは、1階の男性・女性用トイレ及び多目的トイレに設置しております。

盲導犬、介助犬、聴導犬の入館について

 盲導犬、介助犬、聴導犬を伴ってご入場いただけます。

AED(自動体外式除細動機)

 AEDとは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
 当館では、受付の横(出入口より)にAEDを設置しております。

授乳室

授乳室を博物館地階に設置しました。ご利用ください。

団体・学校の利用案内

1.団体での利用

  新型コロナウイルス感染拡大防止の為、当面の間、団体観覧については事前予約制といたします。
 20人以上の団体で利用される場合は、団体観覧申込書に必要事項をご記入の上、ご来館の10日前(必着)までに博物館までFAX又は郵送でお送りください。お申込み状況によりご来館をお断りする場合がありますので、ご了承下さい。

 ご来館時は、三密状態を避けるために、次の事項を必ず遵守してください。

1 観覧料のお支払い等入館手続きは、代表者の方がまとめて行ってください。
2 ご入館時に検温を実施していますので、館内へは5人程度ごとに分かれて入館してください。なお、ツアーの主催者様がご来館当日にご入館者の検温を実施している場合は、その旨、受付でお申し出ください。当館での検温を免除します。
3 ツアーの主催者様は、ご来館当日、当館において大阪コロナ追跡システムに登録をお願いします。
4 事前にご予約いただいた場合でも、当日の混雑状況によってはご入館をお待ちいただく場合がありますので、時間に余裕をもってお越し下さい。

観覧の可否はお電話でご連絡いたします。日中、ご連絡のつく電話番号をご記入ください。

 ご不明な点がありましたら、博物館までお問い合わせください。

2.学校の利用

 学校団体でのご利用の際は、スムーズな手続きや見学をしていただくため、事前に当館まで電話等でお問い合わせください。また、堺市内の小、中学校は観覧料が免除されますので、堺市博物館観覧料免除申請書をご提出下さい。

特別利用(写真貸出)の案内

*当面の間、貸出まで時間がかかります。ご了承ください。

 当館では、研究や出版・放映などを目的とした個人・団体の方へ、当館所蔵の写真画像データの貸出を行っております。ただし、利用される目的・内容等によりましては資料の貸出を御断りする場合もございますので御了承下さい。
 なお、博物館・美術館や公共団体などからの申請については別途お問い合わせください。

利用形態 料金(1点1回使用) 備   考
出 版 物

1000円

屏風は1双を1点、巻物は1巻を1点とする

T V・映 画

1500円

屏風は1双を1点、巻物は1巻を1点とする

*学術研究目的で申請される方は、当館まで御相談下さい。

1.手続きの概要(模式図)

特別利用の申請手続きの概要図

2.申請書類の記入

申請される場合は、必ず事前に電話にてお問合せのうえ(電話072-245-6201/特別利用係)、以下の「特別利用許可申請書」にご記入いただき、利用料とともに現金書留にて郵送ください。
写真画像データは電子メールにてお送りします。そのため、電子メールアドレスを記入したものも同封下さい。
※これまでお願いしておりました申請書の「会社印・代表社印の押印」につきましては、令和2年11月1日(日曜)申請分から「会社名および代表者名の記名」のみで受理できるようになりました。

3.その他

・利用資料等の所有者が当館以外の場合は、所蔵者の承諾書が必要となります。
・博物館資料の公表、利用に際しては、堺市博物館所蔵であることを明記してください。
   (例) 堺市博物館蔵    
       写真提供 堺市博物館(またはその逆順)
・資料の利用物(掲載誌など)1部を、当館へご寄贈ください。
 なお、そのさいは掲載部分のみではなく、掲載誌全体を送付してください。
・その他、不明な点がありましたら下記へお問い合わせください。

博物館実習の受け入れについて

以下の要領で博物館実習生を受け入れます。

  1. 受入人数について
    当館で実習を希望する学生20人(所属大学を通じること)
  2. 選考方法
    申し込み者が、受け入れ人数を越えた場合は書類選考を行います。
  3. 受入の基準
    堺市内に住所もしくは帰省先があるか、堺市内に学校がある(本市と提携関係がある市外の大学を含む)学生を原則として優先します。
  4. 費用
    無料(ただし、茶室実習費として300円のみ必要)
  5. 実習内容
    現場の博物館活動全般を能動的に学び、実物資料に即した博物館の活動を実習体験します。
  6. 評価の視点
    現場での技術習得を評価するとともに、出席日数と受講態度を重視します。
  7. 実習前調整・打ち合わせ
    所属大学の事務室を通じて行います。

【令和3年度の博物館実習について】
※新型コロナウイルス感染症対策として、今年度は2グループ・2期に分けて行います。
 また同感染症拡大の状況によっては、日程の変更や中止の可能性もございます。
実習期間: 1)8月2日~8月6日 もしくは 2)8月16日~8月20日 のいずれか。
        計5日間 (月曜~金曜) 
申込期間: 令和3年 5月1日~5月31日 

お問合せ先

堺市博物館 学芸課
〒590-0802 大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内
電話:072-245-6201
FAX:072-245-6263
電子メールはこちら