このページの先頭です

本文ここから

納付書によるお支払いについて

更新日:2022年11月25日

堺市の指定する金融機関、コンビニエンスストア等、各種モバイル決済にてお支払いいただけますが、

納め忘れがないよう、口座振替を基本としています。

口座振替の申請方法についてはこちらをご覧ください。

1. 堺市の指定する金融機関の窓口でのお支払い

下記金融機関の全国の本・支店(支所)
三菱UFJ銀行、池田泉州銀行、関西みらい銀行、紀陽銀行、堺市農業協同組合、みずほ銀行、三井住友銀行、三井住友信託銀行、りそな銀行、尼崎信用金庫、阿波銀行、伊予銀行、永和信用金庫、大阪厚生信用金庫、大阪シティ信用金庫、大阪商工信用金庫、大阪信用金庫、大阪南農業協同組合、京都銀行、近畿産業信用組合、近畿労働金庫、三十三銀行、成協信用組合、大同信用組合、徳島大正銀行、南都銀行、のぞみ信用組合、ミレ信用組合、ゆうちょ銀行・郵便局(注)
(令和4年9月1日現在)
(注)ゆうちょ銀行・郵便局の場合、近畿2府4県のみでのお取扱いとなります。
※金融機関等は統廃合などにより変更される場合があります。

2. コンビニエンスストア等でのお支払い

下記コンビニエンスストア等の営業時間内であれば、土曜日・日曜日・祝日や夜間にもお支払いいただけます。

セブン‐イレブン、ローソン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ヤマザキデイリーストア、ニューヤマザキデイリーストア、ヤマザキスペシャルパートナーショップ、ミニストップ、ポプラ、生活彩家、くらしハウス、スリーエイト、セイコーマート、ハマナスクラブ、MMK設置店
(令和4年9月1日現在)

コンビニエンスストア等でのお支払いにおける注意事項

延滞金の納付書や、納付書1枚あたりの金額が30万円を超える場合、コンビニエンスストア等での納付はできません。

3. 各種モバイル決済でのお支払い

モバイル決済は、各社専用アプリをインストールしたスマートフォンなどのモバイル端末のカメラで、納付書のバーコードを読み込み、銀行口座残高やチャージされた電子マネー等から、いつでもどこでも支払いができるサービスです。

以下の各種モバイル決済によりお支払いいただけます。(令和4年11月24日現在)
操作方法等、詳細については各サービスのホームページをご覧ください。

銀行Pay(対応金融機関は下記のとおりです)

各種モバイル決済でのお支払いにおける注意事項

  • モバイル決済による納付の場合、領収証書は発行されません。領収証書が必要な場合は、納付書裏面に記載の堺市の指定する金融機関、コンビニエンスストア等にてお支払いください。
  • パソコンやスマートフォン以外の携帯電話からの納付はできません。
  • モバイル決済で延滞金の納付はできません。
  • モバイル決済の種類により、支払い上限金額が異なります。詳しくは各サービスのホームページ等ご確認ください。
  • 各アプリの利用は無料ですが、ダウンロード及び利用にかかるパケット通信料は利用者の負担となります。
  • モバイル決済後の納付書は破棄する等、重複納付とならないようご注意ください。

問い合わせ

本文ここまで