このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

缶・びんのリサイクル

更新日:2017年7月4日

缶・びんとは

飲食用、酒類、調味料類などの缶やびん

缶・びんは、必ずキャップをはずして、つぶさずに、缶とびんを同じ袋に入れて、排出してください。

缶・びんの分別について詳しくはこちらへ

ごみの分別に関するQ&Aはこちらへ

缶・びんの資源化の工程

1.中間処理(リサイクルプラザ

 破袋、異物(残渣)除去、圧縮、梱包など

各家庭から収集された缶・びんは、リサイクルプラザに集められます。

作業員の手選別により異物を除去したあと、比重選別機で缶とびんに分けます。

【缶】

磁力によってアルミとスチールに分け、それぞれ圧縮し、減容します。

【びん】

手作業で色別に分けます。

2.再資源化処理(民間の処理施設)

 溶解や加工、熱分解や精錬など

【缶】

  • スチール

高炉や電気炉で溶かして、棒状、板状に

  • アルミ

回転炉で鉄分と分離させ、再生地金を製造

【びん】

細かく砕く≪カレット≫

無色・茶色のカレットは、溶かして製品に成型

缶・びんからリサイクルされた製品

缶・びんは、皆さんの身近なものにリサイクルされています。一例を紹介します。

スチール缶から作られた製品

建築用鋼材や家電用鋼材など

アルミ缶から作られた製品

アルミ缶やアルミサッシ、自動車部品など

無色・茶色のびんから作られた製品

びんやビー玉、おはじきなど

その他の色のびんから作られた製品

焼成タイルや舗装用カラーブロックなど

このページの作成担当

環境局 環境事業部 資源循環推進課
電話:072-228-7479 ファックス:072-228-7063
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る