このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

Q1 災害時に命を守るために大切なことは何ですか?

更新日:2014年1月29日

Q1 災害時に命を守るために大切なことは何ですか?

A1

災害時、大きな力となるのが、自身の防災に対する備えと、近所同士の助け合いです。
ひとたび災害が発生すると、個人や家族の力だけでは限界があります。
日頃からご近所付きあいを円滑にして、一緒に防災活動に取り組むことが非常に重要です。
阪神・淡路大震災や東日本大震災の教訓から、近所付き合いの大切さが見直されています。

 ※阪神・淡路大震災の被救助者数の内訳:
   自力で、家族による66.8%、友人・隣人・通行人による30.7%、救助隊による1.7%
   (日本火災学会:1995年兵庫県南部地震における火災に関する調査報告書より)

このページの作成担当

危機管理室 危機管理課
電話:072-228-7605 ファックス:072-222-7339
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館3階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る