小型金属(家電製品を除く)【月1回】

最終更新日:2017年10月31日

資源とごみの出し方を映像で紹介しています

小型金属とは

最大辺がおおむね30センチメートル以下全体の80%以上が金属でできた物。ただし、家電製品は含みません。

種類(例)

※判断に迷う物は不燃小物類へ出してください。


取っ手部分を含まず30センチメートル以下


ハサミ


包丁等


カセットボンベ


スプレー缶 (揮発性のものに限る)


鍋・やかん類


針金ハンガー


スプーン フォーク


工具類 金属製の水筒


鉄アレイ

出し方

45リットル以下の無色透明又は白色半透明の袋に入れ、粗大ごみと同じ場所に、「金属」とわかるように表示して出してください。

表示義務

小型金属の出し方のイラスト

小型金属を出す場合は、袋に「金属」と貼り紙等でわかるように表示します。

刃物類

刃物類の出し方のイラスト

包丁など刃物を出す場合は、紙で包み、袋に「金属キケン」と貼り紙等でわかるように表示します。

スプレー缶・カセットボンベ

スプレー缶、カセットボンベの出し方のイラスト

スプレー缶やカセットボンベを出す場合は、必ず中身を使い切り穴を開けずに他の小型金属とは分けて別袋に入れ、「スプレー缶」と貼り紙等でわかるように表示します。

お願い

ごみ収集の発火事故のイラスト

◎ごみ収集の発火事故

スプレー缶・カセットボンベを最後まで使い切らないまま、他の資源やごみと同じ袋に入れて出されることが主な原因と考えられる発火事故が多発しています。

注意!間違えやすい物

家電製品

家電製品のイラスト

汚れた金属類

汚れた金属類のイラスト

上記は粗大ごみ(不燃小物類)へ

このページの作成担当

環境局 環境事業部 環境業務課
電話:(指導係・美化係)072-228-7429、(業務係)072-228-7428