このページの先頭です

本文ここから

用途地域

 用途地域は、望ましい市街地の形成を誘導するために定めるものです。

種類 面積
(約ヘクタール)
容積率(%) 建蔽率(%) 全体に対する率(%) 建築物の高さの限度 外壁の後退距離

第一種低層
住居専用地域

754 1,131 80 40 7.1 10.6 10メートル 1メートル
377 100 50 3.5 -

第二種低層
住居専用地域

20 100 50 0.2

第一種中高層
住居専用地域

2,443 200 60 22.9 -

第二種中高層
住居専用地域

1,130 200 60 10.6
第一種住居地域 1,679 200 60 15.8
第二種住居地域 193 200 60 1.8
準住居地域 1.9 200 60 0.0
近隣商業地域 740 300 80 7.0
商業地域 180 271 400 80 1.7 2.5
2.5 500 80 0.0
83 600 80 0.8
5.1 800 80 0.0
準工業地域 817 200 60 7.7
工業地域 309 200 60 2.9
工業専用地域 1,913 200 60 18.0
合計 10,648 - - 100.0

 昭和2年11月1日当初決定(令和3年8月20日最終変更)

(備考)商業地域の建蔽率は、建築基準法により定められています。

本文ここまで