このページの先頭です

本文ここから

ほけんコーナー

更新日:2022年3月28日

子育て支援課の保健師による情報提供のページです♪

子育て支援課では、保健師が育児や健康に関する相談に応じたり、
なかよしほっとルームやひろば等にも参加し、季節にあった子育て情報を提供しています。

育児や健康に関するお悩みやご質問がある時は、お電話や窓口、
またイベント参加時でもお気軽にお問合せください。

保健師による季節のお知らせ

生活リズムを整えよう!

春がやってきましたね♪
ぽかぽか陽気なこの季節、ついつい大人もお昼寝したくなりますね ^^
そんなお昼寝、子どもにとっては、生活リズムを整えて夜ぐっすり眠るためにとっても大切です。
お昼寝をうまくしながら、生活リズムを整えていきましょう。

【生活リズムを整えるには?】
・カーテンを薄めにし、朝日がさし込むような環境を作り早起きにつなげましょう
・毎日だいたい同じ時間に起きましょう
・朝食を食べましょう
・午前中はもっともからだが目覚めているので、運動や遊びをすることで心地よい疲れを
★昼寝はだいたい決まった時刻で午後3時くらいまでに起きるようにしましょう。(起こす時刻は一定がベスト)
・夕食は寝る2時間前ぐらいにはすませましょう
・人のからだは体温が下がることによって眠くなります。寝る前の入浴は“ぬるめ”にしましょう
・睡眠の前に活発に運動をしたり、光の刺激を受けていると眠れない原因になります。テレビなどは寝る前は避けましょう

災害に備えましょう

いつ起こるかわからない災害に向けて、家庭の備えの見直しや、日頃からできる防災への取り組みをしていきましょう。
またこれまでの備えに加え、感染予防対策として、マスク・消毒液・体温計・上履きなども追加しましょう。

【今すぐできること】
・ママバッグは使った分を補充しておく
→オムツやおしりふき、着替えやビニール袋などがいつも準備されているママバッグは、もしもの時にも大活躍。使った分を毎回補充して準備しておきましょう。
・寝転んでみて家の中の危険を見つけましょう
→いつも寝る場所や、子どもが遊ぶ場所に寝転んで周りを見てみましょう。倒れてきたり落ちてくる可能性のあるものはありませんか?
・日用品を多めに買い置きする
→ポリ袋やラップ、ティッシュや生理用品など、買える時に買っておきましょう。
・地域の行事に参加しましょう
→もしもの時にご近所さんがとても頼りになります。日頃から顔見知りになっておけるといいですね。

★避難場所や経路も日頃から少し周りに目を向けて確認してみましょう。

保健だより

保健だよりでは子育て中に参考にしてもらいたい、健康を守るための情報、季節に合わせた情報を掲載しています。
ぜひ参考にしてみてください。

”子育て支援課だより~なかHUG~”に保健だよりを掲載しています。
子育て支援課の「子育てを楽しもう」から覗いてみてください

【令和3年度】
4.5月号 「お昼寝をして生活リズムを整えよう」
6.7月号 「食中毒を予防しよう」
8.9月号 「熱中症に要注意」
10.11月号 「目の愛護デー」
12.1月号 「子どもの発熱」
2.3月号 「子どもの肌を守ろう」
【令和4年度】
4.5月号 「お昼寝のおはなし」

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

中保健福祉総合センター 子育て支援課

電話番号:072-270-0550、072-278-0178

ファクス:072-270-8196

〒599-8236 堺市中区深井沢町2470-7 中区役所内

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで