このページの先頭です

本文ここから

医薬品等の個人輸入にご注意ください

更新日:2021年8月6日

 医薬品健康食品化粧品医療機器等を海外から購入する場合には、以下のような危険性があります。

  • 日本での有効性や安全性の確認がされていない
  • 正規の流通品とは異なる劣化品偽造品の場合がある。
  • 自己判断で使用すると思わぬ副作用(例えば肝機能障害が起こり入院する)が出る等の危険がある。

 また、日本国内で正規に流通する医薬品を適正使用して起こった重大な健康被害には救済を図る公的な仕組みがありますが、個人輸入された医薬品による健康被害は、救済の対象となりません。
 
 医薬品等を海外や個人輸入代行業者などから購入する場合は、事前に、医師や薬剤師などの専門家と相談するなど、必要性を十分に検討しましょう。

参考

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 保健所 環境薬務課

電話番号:072-222-9940

ファクス:072-222-9876

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで