指定管理者制度

 平成15年6月に地方自治法が改正され、普通地方公共団体の公の施設(文化施設、福祉施設、体育施設など)の管理に「指定管理者制度」が創設されました。

 従来は公の施設の管理の委託先が、市の出資法人などの公的な団体に限られていましたが、この制度によって民間事業者や地域団体などを含めて、幅広い団体に施設の管理を委ねることが可能となりました。