市民の木・市の花木・花・鳥

最終更新日:2012年12月19日

市民の木:柳

市民の木:柳の写真

緑豊かなまちづくりを推進するため、昭和41(1966年)年11月3日、市民の投票をもとに市民の木を「柳」と定めました。本来、柳は水辺の木であり、旧市内は地盤の低いところが多かったため、柳があちこちに植えられていたようです。市内に柳之町東・西という町名がありますが、その名にふさわしいまち筋があったものと思われます。

市の花木:ツツジ

市の花木:ツツジの写真

市制100周年を記念し、平成元年(1989年)4月、市民の投票をもとに市の花木を「ツツジ」と定めました。「大阪みどりの百選」の一つである浅香山公苑(浅香山浄水場跡地)は、毎年ツツジの見頃には、たくさんの人が訪れ賑わいます。

市の花:ハナショウブ

市の花:ハナショウブの写真

市制100周年を記念し、平成元年(1989年)4月、市民の投票をもとに市の花を「ハナショウブ」と定めました。万葉の時代より栽培されているこの花は、堺の歴史と伝統の象徴花としてふさわしいものです。

市の鳥:モズ

市の鳥:モズの写真

市制100周年を記念し、平成元年(1989年)4月、市民の投票をもとに市の鳥を「モズ」と定めました。堺市のシンボルである仁徳天皇陵古墳。そこに語り継がれる仁徳天皇とモズの出会いの伝説から、堺の地名「百舌鳥」がうまれたといわれています。

このページの作成担当

市長公室 広報戦略部 広報課
電話:072-228-7402