スマートハウス等普及促進のための取組

 
 「環境モデル都市」である堺市では、将来にわたって「快適な暮らし」と「まちの賑わい」が持続する低炭素都市『クールシティ・堺』の実現に向けて、住宅等の徹底した低炭素化を推進しています。
 
 その一環として、家庭で消費するエネルギーを“創り・蓄え・賢く使う”、次世代型の住宅「スマートハウス」について、構成機器(太陽光発電システム、燃料電池システム、蓄電システム等)の導入に対する支援を行うことで、その普及拡大を図っています。
 

 また、建物の断熱性能等を大幅に向上させ、高効率な設備システムの導入により、年間の一次エネルギー消費量の収支が正味でゼロ以下となる住宅『ZEH』(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)に対する支援についても実施しています。
  
 詳しくは、以下のページをご覧ください。 

晴美台エコモデルタウン全景

晴美台エコモデルタウンの街路

写真は、街区全体でスマートハウス化を実現した南区の晴美台エコモデルタウン
(写真提供 大和ハウス工業株式会社)