このページの先頭です

本文ここから

建築都市局

更新日:2022年7月15日

局長の写真建築都市局長 澤中 健

このような考え方で組織を運営します

  • 「堺グランドデザイン2040」に示した将来像を大きな方向性として、以下に掲げた各取組の実施により、「訪れたい」「働きたい」「住みたい・住み続けたい」都市の実現に向けて取り組みます。また、産官学の連携により、次世代の都市形成を支える変革の意識を持つ人材を育成します。
  • 新型コロナウィルス感染症の拡大防止対策をはじめ、それぞれの職員が、リスクマネジメントの意識を持ち、報告・連絡・相談・確認・再確認を徹底し、組織内の情報共有を行うことで、危機管理対応を確実なものとします。

このように行財政改革に取り組みます

  • 公共投資の選択と集中を行います。
  • イベントや補助金をはじめとする市独自施策の見直しを行います。
  • 将来の税源涵養に繋がる投資の呼び込み(開発、土地活用等による税の増収)を行います。
  • 業務効率化による時間外勤務を縮減し、人件費の抑制を行います。

今年度は特に以下のことについて重点的に取り組みます

  • これからの都市のライフスタイルの構築に向け、都心の魅力創出や民間活力の誘導による価値の向上、都心と内陸部等との人の交流と地域の活性化などに取り組みます。そのために堺駅・堺東駅間における新たな交通システムの導入や、既存公共交通、新たなモビリティ、シェアサイクルなどの連携による移動環境の充実、臨海部や美原へのアクセス整備について検討します。
  • 低未利用地やオープンスペースを活用したエリア価値の向上や、エリアの更新による都心の活性化に取り組みます。
  • 堺旧港親水護岸・水域等の公共空間の利活用による交流機能の導入や、海上交通の実現に向けた検討、大浜北町市有地活用事業の推進など、ベイエリア及び堺駅周辺の活性化に取り組みます。
  • 環濠エリアの魅力向上を図るため、(仮称)堺環濠エリア魅力創造ビジョンを策定します。また、環濠エリア北部地区のまちなみ再生や景観形成に取り組みます。
  • 「イノベーション創出拠点」の実現に向け、産官学からなるコンソーシアムの活動促進等を通じて、民間投資の誘発や都市機能更新など、中百舌鳥周辺活性化の検討を行い、都市活力の創出を図ります。
  • 高規格堤防の整備、空き家対策、耐震化の推進などを進めることにより、安全・安心な都市空間の形成を通じた「住みたい・住み続けたい」都市の実現に取り組みます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

建築都市局 都市計画部 建築都市総務課

電話番号:072-228-7422

ファクス:072-228-8468

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館16階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで