このページの先頭です

本文ここから

伐採及び伐採後の造林の届出等の制度

更新日:2020年6月9日

 森林所有者などが、森林区域(地域森林計画の対象となっている民有林)において、立木を伐採する場合、森林法により、市長に対し、伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行うことが、義務づけられています。
 また、伐採後の造林が完了したときは、市長に対し、伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告を行うことが、義務づけられています。
 
※ 伐採面積が1ヘクタールを超える場合は、大阪府知事の許可が必要です。
※ 森林区域に該当するかどうかは、市役所農水産課にお問い合わせください。

届出の対象者

森林所有者や伐採する権原を有する者などが届出の対象者です。
伐採する者と伐採後の造林を行う者が異なる場合は、共同で届出を行ってください。

届出の期間

  1. 伐採及び伐採後の造林の届出:伐採を始める90日前から30日前まで
  2. 伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告:造林を完了した日から30日以内

提出先

産業振興局 農政部 農水産課
 堺市役所 高層館7階

届出書の様式

届出書の様式は、林野庁ウェブサイトをご覧ください。

注意事項

  • 堺市森林整備計画に適合した施業が行われるよう、市長が届出があった計画に対し変更や遵守を命じることがあります。
  • 無届で伐採した場合等には、市長が伐採の中止及び造林を命じることがあります。

このページの作成担当

産業振興局 農政部 農水産課

電話番号:072-228-6971

ファクス:072-228-7370

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館7階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで