このページの先頭です

本文ここから

クフ王のピラミッド

更新日:2012年12月19日

ナイル川西側に約60基あるといわれるピラミッドのうち最大のものです。
クフ王のピラミッドを境に以降はしだいに小さいピラミッドが建設されました。
ピラミッドの各辺は正確に東西南北をさしています。
一辺230.4m、高さ146mあり、体積は約260万立方メートルあります。
318万個の石で作られていて、内部に3つの部屋と1つの大回廊がある事がわかっています。
現代の工法でも3,500人で5年かかるといわれています。
このピラミッドの内部は古くに盗掘されていて、王のミイラや副葬品などについてはわかっていません。
多くのピラミッドでは、盗掘者から王の遺骸や宝物を守るために行き止まりの通路や仮の石室など様々の工夫がされていました。

このページの作成担当

文化観光局 博物館 学芸課

電話番号:072-245-6201

ファクス:072-245-6263

〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内 堺市博物館

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで