このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

土塔

更新日:2015年7月9日

指定区分
国指定史跡

説明

 「土塔」(どとう)は、奈良時代に僧行基らによって土と瓦で築かれた十三重の塔です。類例は奈良市の頭塔(ずとう)があります。土塔町公園整備事業に伴い、復元整備を目的とした発掘調査(平成10~14年度)と整備工事(平成16~20年度)を行いました。

 発掘調査の結果、一辺53.1メートル(180尺)で四角錐の頂部をカットしたような形であることがわかりました。土台となる基壇の上に四角の段が12層、円形の段が1層あり、その上部には「多宝塔の上層部」のような建物があったと思われます。

 段を造る時には粘土ブロックを並べて積み重ね、その間に土を入れて水平にして固めながら盛り上げています。各層とその前面には瓦を葺いています。

 出土した瓦には、へら状の工具を用いて文字を記した瓦が1,000点以上あり、その大半は人名が記されたものです。「蓮光」(れんこう)などの僧侶名、「善智尼」(ぜんちに)などの尼僧名、「優婆塞」(うばそく)とよばれる出家していない信者、「矢田部連達麻呂」(やたべのむらじたつまろ)などの豪族、「刀自古」(とじこ)などの一般民衆といった様々な階層の名前があります。また、「知識」や「神亀四年」等を記した瓦もあります。

 現在は、発掘調査に基づいて復元した瓦葺・瓦積基壇をご覧頂けます。また、立体模型や解説板、発掘調査の状況を再現したコーナーなどを設けています。

土塔の文字瓦のページ へ

所在地

堺市中区土塔町2143-1
地図情報は「堺市e-地図帳(外部リンク)」をご覧ください。

所有者

大阪府(管理団体・堺市)

指定年月日

昭和28年3月31日

時代

奈良時代

法量

一辺53.1メートル

高さ9メートル

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課
電話:072-228-7198 ファックス:072-228-7228
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る