このページの先頭です

本文ここから

多治速比売神社本殿

更新日:2021年10月15日

指定区分
重要文化財

説明

 多治速比売(たじはやひめ)神社は、梅林で著名な荒山(こうぜん)公園に隣接しています。
 
 本殿は、天井裏の墨書(ぼくしょ)や、棟札(むなふだ)の記載などから、天文10年(1541年)に建てられたことがわかりました。
 
 建物の細部には、龍・雲・波・蟷螂(カマキリ)・海藻・貝類など多種類の彫刻・彩色が施されています。

 建物への彫刻技術などが飛躍的に発展する安土桃山時代の建築様式を先取る建物のひとつとして貴重です。

員数

 一棟

所在地

堺市南区宮山台2丁3-1
地図情報は「堺市e-地図帳(外部リンク)」をご覧ください。

所有者

 多治速比売神社

構造

 桁行三間 梁間一間 一重 入母屋造

 正面千鳥破風付 向拝三間 軒唐破風付 檜皮葺

 附 棟札一枚 昭和40年2月5日指定

時代

 室町時代 天文10年(1541年)

指定年月日

 昭和24年2月18日指定

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課

電話番号:072-228-7198

ファクス:072-228-7228

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで