このページの先頭です

本文ここから

都心部と美原方面を急行バスでつなぐ実証実験(令和5年度 SMI美原ラインにかかる実証実験)

更新日:2023年11月16日

 SMIプロジェクトでは、堺都心部と美原をはじめとした市域東部を結ぶ拠点間ネットワークの構築により、マイカーから公共交通への利用転換、公共交通の利用促進、人流と地域の活性化を図るため、SMI美原ラインの導入をめざしています。

実験概要

目的

令和4年度の実験結果を踏まえて運行内容等の一部変更を行い、改めて需要や市民ニーズ等を把握・検証すること。

運行期間

令和5年10月2日(月曜)~12月15日(金曜)

運行時間

7時台から20時台
約1時間間隔で運行。

<令和4年度からの変更点>

  • 実施期間を75日間(令和4年度は45日間)に変更。
  • 朝の通勤時間帯の運行ニーズを踏まえ、運行時間を7時台(令和4年度は9時台)からに変更。

運行ルート

停留所(8箇所)

堺駅前

大小路

堺東駅前

細池橋【三国ヶ丘駅前】

しもつ池【新金岡駅前】

八下中学校前【大泉緑地東】

野遠

美原区役所前【美原ステーション】


<令和4年度からの変更点>

  • 停留所の一部変更(令和4年度「大泉緑地前」を令和5年度「八下中学校前」に変更)

運行車両

運賃

乗車区間制運賃:220円~530円

1日乗車券(クーポン付き):800円(小児100円)


<令和4年度からの変更点>

  • 南海バス株式会社の距離制運賃を適用。
  • クーポン付きのモバイルチケット(1日乗車券)を発行。

注意事項

  • 乗車区間によって、運賃が変わります。
  • 乗車の際は、整理券をお取りいただくか、カードリーダーにタッチ、又は通してください。
  • 運賃はお降りの際にお支払いください。
  • おでかけ応援カードを利用する場合は、1乗車100円で乗車できます。
  • 堺おもてなしチケットはご利用いただけません。
  • 運賃の支払いは、現金、なっち、定期券(通勤・通学、フリー)、交通系ICカード(ICOCA、PiTaPaなど)、おでかけ応援カード、なんかいバスカード(磁気カード、キッズカード)、全線1日フリーカード(磁気カード、モバイル)がご利用いただけます。
  • 本バスの利用者の方にアンケート調査を実施します。ご協力をお願いします。

運行ダイヤ

美原方面行き

平日

土日祝

堺駅方面行き

平日

土日祝

チラシ

モバイルチケット(1日乗車券)について

沿線施設のクーポンの付いたモバイルチケット(1日乗車券)を発行します。
専用アプリをダウンロードし、購入したチケットの画面を提示することでSMI美原ラインの乗車や沿線施設での特典が受けられます。
クーポン対象施設は以下のサイトをご覧ください。

Q&A

Q
通常の路線バスと同じく、すべての停留所で乗り降りできますか?
A

できません。
今回の実証実験は、堺都心部と美原をはじめとした市域東部を直通でつなぎ、新金岡駅での乗り継ぎをなくすことで、堺都心部と美原をはじめとした市域東部との人の行き来を促進し、需要やニーズ等を検証することが目的です。
そのため、既存の路線バスが運行している区間については、既存の路線バスを利用していただきたいと考えており、「乗車専用区間」、「降車専用区間」を設けています。
(例1)「美原方面行き」かつ「堺駅前で乗車」の場合
大小路、堺東駅前、三国ヶ丘駅最寄りの細池橋、新金岡駅最寄りのしもつ池では降車できません。八下中学校前、野遠、美原区役所前において降車することができます。
(例2)「堺駅方面行き」かつ「美原区役所前で乗車」の場合
八下中学校前、野遠では降車できません。堺駅前、大小路、堺東駅前、三国ヶ丘駅最寄りの細池橋、新金岡駅最寄りのしもつ池において降車することができます。

Q
すでに通勤あるいは通学定期券を持っていますが利用できますか?
A

お持ちの定期券の区間によってはご利用になれます。
詳しくは、南海バス株式会社 営業課(072-221-0781(受付時間:平日午前9時~午後5時30分))にお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

建築都市局 都心未来創造部 SMIプロジェクト推進担当

電話番号:072-340-0417

ファクス:072-228-8034

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館14階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで