このページの先頭です

本文ここから

予算の使い道について

更新日:2021年6月30日

市民の声

 財政危機宣言が発令されましたが、泉ヶ丘駅前地域の近畿大学開設に伴う公園や道路の整備が、予算上優遇されて進められているようです。市の財政は本当に危機的状況なのでしょうか。もっと身近で効果的なことに予算を使ってください。

市の考え方

 本市では、「SENBOKU New Design(旧泉北ニュータウン再生指針)」や「泉ヶ丘駅前地域活性化ビジョン」、「栂・美木多駅前活性化土地利用構想」等に基づき、泉北ニュータウンの駅前地域における道路、公園、駅前広場等の都市基盤の再整備を行い、駅前地域のさらなる活性化や賑わいの創出を図ることとしています。
 泉ヶ丘駅前地域では、駅前地域の活性化や近畿大学医学部等の開設に伴う、歩行者・自動車による来訪者の増加を見据えた道路改良や歩道空間整備のほか、大学開設を契機に隣接する三原公園・田園公園等については、地域に親しまれる公園となるように再整備を進めています。
 本市の財政状況については、近年、毎年度多額の収支不足が発生し、基金を取り崩して財政運営を行っており、加えて令和3年2月に公表した財政収支見通しにおいて収支不足が継続して発生する見込みとなっていることから、非常に厳しい財政状況であると認識しています。そのような中、今後は市政全般の抜本的な改革に取り組む一方で、引き続き効果的かつ効率的な予算編成に努めます。

受付日

令和3年5月6日

担当局部課

このページの作成担当

市長公室 広報戦略部 市政情報課

電話番号:(市政情報係)072-228-7439 (広聴係)072-228-7475

ファクス:072-228-7444

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館5階
(市政情報センター)〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館3階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで