このページの先頭です

本文ここから

産業分布

更新日:2021年8月31日

堺市のエリア特性

 臨海部、都心市街地部、内陸部、丘陵部など地域にそれぞれ特徴をもった産業が集積しています。幹線道路の整備が進み、広域的な交通利便性が高まっています。さらに、関西国際空港や特定重要港湾堺泉北港に近く、国際的な交通基盤が充実しています。

 また、大阪公立大学や関西大学、堺市産業振興センターなど学術研究機関や中小企業の総合支援機関があるほか、周辺には、大阪産業技術研究所和泉センターなどがあり、産業支援環境に恵まれています。

  • 臨海部

 大規模製造業、中小企業製造業団地が立地する産業地域。近年では、環境関連産業や大規模物流施設の集積が進んでいます。

  • 都心市街地部

 古くからの市街地で、商業、業務地が形成されています。北部、南部には機械・金属関連の工業集積地も存在しています。

  • 内陸部

 道路整備の進展により、産業用土地利用のポテンシャルが高まり、毛穴地区、美原地区には中小企業を中心とした工業集積地が形成されています。

  • 中百舌鳥エリア

 新大阪に直結するOsaka Metro御堂筋線、南海高野線、泉北高速鉄道の交通結節点です。
中百舌鳥エリアには、産業支援機関や大阪公立大学などが集積し、ビジネスに適したロケーションで、住環境にも恵まれています。

  • 丘陵部

 1960年代後半以降に開発された住宅地(泉北ニュータウン)。鉄道駅前には地域型商業・業務地が形成されています。

このページの作成担当

産業振興局 産業戦略部 イノベーション投資促進室

電話番号:072-228-7629

ファクス:072-228-8816

堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館7階 

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで