このページの先頭です

本文ここから

地震に備えて

更新日:2016年8月16日

地震への「備え」は出来ていますか?

地震チラシ堺市防災チラシ(地震編)

地震時の避難行動パターン

地震時の避難行動パターンのフローチャート

地震時の避難行動パターンについて

(1)自宅が壊れて住めない場合

避難所で生活します

(2)自宅が壊れて住めない状態ではない場合

(2)-1次の場合は安全な場所に急いで避難する

  • 避難の指示があった
  • 近所で火災が起こって危険になった

(2)-2次の場合は大きな公園、広場や広域避難地へ避難する

  • 避難先で火災が迫ってきて危険になった

(3)自宅が燃えたり壊れたりして住めない場合

避難所で生活します

(4)上記の状態でない場合

自宅で生活します

自治会や自主防災組織などで取り決めた集合場所や、安否確認、避難のルール等があれば、
そのルールを守って行動しましょう。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

危機管理室 防災課

電話番号:072-228-7605

ファクス:072-222-7339

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館3階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで