このページの先頭です

本文ここから

RSウイルス感染症発生状況

更新日:2022年8月5日

堺市のRSウイルス感染症発生状況

 堺市では、2022年第30週(2022年7月25日から7月31日)時点で、定点あたりの報告数 6.11で、前週比23%増の116例の報告数となり、5週連続の増加となった。
 また、堺市内においては、集計開始以来過去最高の報告数となった。
 大阪府内では、定点あたりの報告数 6.39で、 前週比12% 減の1,253例であった。
 感染予防には、手洗いの励行や咳エチケットなどの感染予防対策に努めることが必要です。

定点当たり報告数=患者報告数/定点医療機関数
定点医療機関は、本事業の報告にご協力いただいている医療機関です。

区ごとのRSウイルス感染症発生状況

  北区 堺区 西区 中区 南区 東・美原区 市(合計)
第30週 6.00 2.33 11.00 8.67 4.33 1.00 6.11
(前週) 5.33 1.33 11.00 4.00 3.67 2.00 4.95

RSウイルス感染症について

その他関連情報

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 衛生研究所

電話番号:072-238-1848

ファクス:072-227-9991

〒590-0953 堺市堺区甲斐町東3丁2-8

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで