このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

割引(その他)

更新日:2021年3月1日

有料道路の通行料金【身体障害者および知的障害者の方に共通の情報です】

内容 運転する者 対象となる障害者

対象となる
自動車の所有者

備考
適用範囲

本人運転の場合

身体障害者手帳の交付を受けているすべての方

・本人
・親族等 (※注)

登録できる車両は、身体障害者1人につき1台(営業用の自動車を除く)

介護者が運転の場合

鉄道の運賃割引の際の第1種に相当する重度の身体障害者、重度の知的障害者

・本人
・親族等 (※注)
・日常的に介護している人

登録できる車両は、重度障害者1人につき1台(営業用の自動車を除く)

有効期間 2年(2年に一度更新)
利用手続
  • 当該障害者が居住する住所地を管轄する各区地域福祉課で、身体障害者手帳または療育手帳の有料道路割引記載欄に、自動車登録番号または車両番号及び割引有効期限の記載を受け、証明の押印を受ける。
  • ETC(有料道路自動料金収受システム)の利用を希望する場合は、上記の押印・記載を受けた後、「ETC利用対象者証明書」の発行を受け、有料道路ETC割引登録係に当該証明書を送付する。後日、ETCでの利用が可能となる日を書面にて通知される(約2週間程度かかります。)ETCでの利用が可能となる日より前にETCレーンを無線通行されると、割引は適用されず、通常料金となりますので、ご注意ください。(書面が届くまでの間は、料金所係員のいるレーンで手帳を提示してください。)

必要な
もの

(1)身体障害者手帳または療育手帳
(2)障害者本人の運転免許証 (本人運転の場合)
(3)自動車検査証又は軽自動車届出済証 【原則原本】所有者及び使用者欄に、対象障害者またはその親族等の氏名が記載されていること。
ただし、介護人の運転の場合は、当該重度障害者を継続して日常的に介護している人(ボランティア等)の氏名でも可。
(4)割賦・リース契約書 (ローン購入・リース車両の場合)
※割賦購入の場合は、代金支払債務が残っている場合に限ります。
自動車検査証の「使用者の氏名又は名称」欄に、対象障害者またはその親族等の氏名が記載されていること。
【ETCの利用申請には、上記のほか次のものが必要です。】
(5) 障害者本人名義のETCカード(対象障害者が未成年の重度障害者で、介護者の運転の場合のみ、障害者本人の親権者または後見人の名義のETCカードでも可)
(6) ETC車載器セットアップ申込書・証明書 (ETC車載器購入した店等で発行) 【コピー可】

利用方法

●料金を支払う際に、身体障害者手帳または療育手帳を提示して、料金所係員から手帳の記載事項等により、次の(1)~(3)の確認を受けたうえで、所定の料金を支払って通行する。
●ETCを利用する場合は、次の(1)~(3)の条件を満たした上で、ETC利用登録済みであるETCカードを、併せて登録されたETC車載器に挿入して通行する。
(1) 対象者本人自ら運転していること、または介護者が運転している場合は当該障害者ご本人が乗車していること。
(2) 自動車登録番号または車両番号が手帳に記載されたものと同じであること。
(3) 割引措置の有効期間内であること。
★従前の割引証は使用できません。
★違反行為または虚偽の申請を行った場合は、割引が2年間停止されます。

割引率 通行料金の最大50%(端数は切り上げ)
(※注) 配偶者、直系血族及びその配偶者、兄弟姉妹及びその配偶者(別居でも可)、同居の親族

問合わせ先

各区地域福祉課

NHK放送受信料免除【身体障害者・知的障害者および精神障害者の方に共通の情報です】

対象 制限 減免
身体障害者のいる世帯 世帯構成員全員が市民税非課税の世帯に限る 全額免除
視覚障害者
聴覚障害者
重度の身体障害者
障害者が世帯主の場合に限る 半額免除
知的障害者のいる世帯 世帯構成員全員が市民税非課税の世帯に限る 全額免除
重度の知的障害者 障害者が世帯主の場合に限る 半額免除
精神障害者のいる世帯 世帯構成員全員が市民税非課税の世帯に限る 全額免除
重度の精神障害者 障害者が世帯主の場合に限る 半額免除

必要なもの

  • 身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳
  • 印かん

問合わせ先

NHKふれあいセンター
 電話0570-077-077 ファックス045-522-3044
NHK南大阪営業センター
 電話06-6636-2571
上記のナビダイヤルをご利用になれない場合は 電話050-3786-5003

証明窓口

下記で申請書の証明欄に証明を受けてください。(申請書は下記証明窓口にあります)
 身体障害者、知的障害者の方 → 各区地域福祉課
 精神障害者の方 → 各保健センター、美原区の方は美原区地域福祉課
免除事由の証明を受けた後、下記のNHK営業センターに申請書を郵送もしくは持参してお申し込みください。

申請窓口

南大阪営業センター 電話06-6636-2571
〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-1  あべのルシアス8階

郵便料金 【身体障害者および知的障害者の方に共通の情報です】

種類 内容 料金
点字郵便物 点字のみを掲げたもので、開封のもの。3キログラム まで。 無料

特定録音物等郵便物

盲人用録音物または点字用紙を内容とする郵便物で所定の方法により点字図書館など日本郵便株式会社の指定を受けた施設から差し出し、またはこれらの施設に宛てて差し出されたもの。3キログラム まで。

無料

点字ゆうパック

点字のみを掲げたもの。

60 サイズまで100円で、サイズにより異なる。

聴覚障害者用ゆうパック

日本郵便株式会社の指定を受けた施設と聴覚障害者との間でビデオテープその他の録画物の貸出し又は返却のために発受されるもの。

60 サイズまで100円で、サイズにより異なる。

心身障害者用ゆうメール

日本郵便株式会社に届け出た図書館と心身障害者との間で図書の閲覧のために発受されるもの。

150g まで92円で、重量により異なる。

青い鳥郵便葉書

  • 身体障害者手帳1または2級。
  • 療育手帳「A」または1度、2度。
  • 申込みには、手帳が必要です。
  • 配布にあたっては、受付期間等、定めがあります。なお、施策の実施は毎年3月頃に決定し周知されます。
無料

問合わせ先

日本郵便株式会社 堺郵便局 電話 0570-943-062
日本郵便株式会社Webサイト https://www.post.japanpost.jp/

映画館の入場料金【身体障害者・知的障害者および精神障害者の方に共通の情報です】

 大阪興行協会加入の映画館では、券売場で手帳を提示すれば、割引があります(国名小劇除く)。

問合わせ先

生活衛生同業組合大阪興行協会 電話06-6632-3811

ふれあい案内 (NTT西日本 104番号案内) 【身体障害者・知的障害者および精神障害者の方に共通の情報です】

 電話帳の利用が困難な視覚・上肢などのご不自由な方、知的障害や精神障害のある方が、事前にNTT西日本へご登録いただくことで104番号案内が無料でご利用いただけるサービスです。

対象者

(1)身体障害者手帳をお持ちで、次のいずれかの障害のある方。
 ・視覚障害 1~6級
 ・肢体不自由(上肢、体幹、乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害)  1~2級
(2)戦傷病者手帳をお持ちで、いずれかの障害のある方。
 ・視力の障害 特別項症~第6項症
 ・上肢の障害 特別項症~第2項症
(3)療育手帳(愛護手帳・愛の手帳・みどりの手帳と呼ばれる場合もあります)をお持ちの方。
(4)精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方。

登録方法・利用方法

下記問合わせ先「NTT西日本ふれあい案内担当」までお問合わせください。
なお登録には次の(1)(2)を郵送いただく必要があります。
(1)所定の申込書
 (NTT西日本ふれあい案内担当にご連絡いただければ郵送いたします。)
(2)障害者手帳等の該当ページ等をコピー(複写)したもの

問合わせ先

NTT西日本ふれあい案内担当
フリーダイヤル0120-104174 (午前9時~午後5時 土日・祝日および年末年始(12月29日~1月3日)を除く)
※携帯・PHSからもつながります。※おかけ間違いにご注意ください。

携帯電話【身体障害者・知的障害者・精神障害者および難病患者の方に共通の情報です】

 携帯電話基本使用料など、各種サービスの割引があります。詳しくは、各携帯電話会社ショップにお問合わせください。

対象者

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証のいずれかの交付を受けている方

問合わせ先

各携帯電話会社ショップ

このページの作成担当

健康福祉局 障害福祉部 障害施策推進課
電話:072-228-7818 ファックス:072-228-8918
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館7階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

障害福祉のしおり

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る