このページの先頭です

本文ここから

介護施設等における多床室の個室化改修、簡易陰圧装置の設置、ゾーニング環境等の整備に係る補助制度の活用の意向調査について

更新日:2022年5月13日

対象事業

多床室の個室化に要する改修

事業継続が必要な介護施設等において、感染が疑われる者が複数発生して多床室に分離する場合に備え、感染が疑われる者同士のスペースを空間的に分離するための個室化(※)に要する改修費について補助

※可動の壁は可
※天井と壁の間に隙間が生じることは不可

簡易陰圧装置設置経費支援

介護施設等において、感染拡大のリスクを低減するためには、ウイルスが外に漏れないよう、気圧を低くした居室である陰圧室の設置が有効であることから、居室等に陰圧装置を据えるとともに簡易的なダクト工事等を行う事業を対象とします。(補助上限1施設2台)

ゾーニング環境等の整備

新型コロナウイルス感染症対策として、感染発生時対応及び感染拡大防止の観点からゾーニング環境等の整備に要する費用について補助

 (1)ユニット型施設の各ユニットへの玄関室設置によるゾーニング

 (2)従来型個室・多床室のゾーニング

 (3)2方向から出入りできる家族面会室の整備

対象施設・事業所(いずれも定員規模は問いません。)

(1)特別養護老人ホーム

(2)介護老人保健施設

(3)介護医療院、介護療養型医療施設

  ※多床室の個室化に要する改修ついて介護療養型医療施設は対象外

(4)養護老人ホーム

(5)軽費老人ホーム

(6)認知症高齢者グループホーム

(7)小規模多機能型居宅介護事業所

(8)看護小規模多機能型居宅介護事業所
(9)有料老人ホーム
(10)サービス付き高齢者向け住宅
    ※多床室の個室化に要する改修は対象外
(11)短期入所生活介護事業所、短期入所療養介護事業所
   ※多床室の個室化に要する改修ついて短期入所療養介護事業所は対象外
 

通知文

※詳細事項等、申請に当たっては必ずご確認ください。

補助上限額

(1)多床室の個室化に要する改修:97万8千円×整備床数

(2)簡易陰圧装置設置経費支援:1台あたり432万円(1施設2台が補助上限)

(3)ゾーニング環境等の整備

  • ユニット型施設の各ユニットへの玄関室設置によるゾーニング:1か所あたり100万円
  • 従来型個室・多床室のゾーニング:1か所あたり600万円
  • 2方向から出入りできる家族面会室の整備:1施設あたり350万円

※上記上限額は、補助金財源の状況により減額変更される可能性があります。
※補助上限額と設備の設置に要した実際の工事費を比較し、低い方の額が補助額となります。

提出書類・提出期限について

提出書類

(1)多床室の個室化に要する改修
1堺市地域介護・福祉空間整備補助金協議書(様式第1号)
2工事見積書(複数必要
3資金計画書(別紙様式。整備に係る収支がわかるよう記載)
4施設位置図(施設周辺地図)、建物配置図(土地利用図)、建物平面図、写真等(現状及び改修箇所がわかるもの)
5対象施設・事業所の面積がわかる資料
6建物の登記事項証明書の写し(3カ月以内に発行のもの、要原本証明)
7借家の場合、運営法人が設備を設置、改修することについての家主の同意書(別紙様式)
8介護施設等における新型コロナウイルス感染拡大防止対策支援事業経費積算表
(2)簡易陰圧装置設置経費支援及びゾーニング環境等の整備
1意向調査回答書
2見積書(複数必要
3介護施設等における新型コロナウイルス感染拡大防止対策支援事業経費積算表

※事業ごとに提出書類が異なります。ご注意ください。

多床室の個室化に要する改修

簡易陰圧装置設置経費支援及びゾーニング環境等の整備

提出期限

〔提出期限〕 令和4年5月27日(金)【必着】
〔提出方法〕 郵送

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

健康福祉局 長寿社会部 介護事業者課

電話番号:072-228-7348

ファクス:072-228-7481

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館8階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで