このページの先頭です

本文ここから

履中天皇陵古墳(石津ヶ丘古墳)探索

更新日:2019年11月14日

最寄駅

  • JR阪和線 上野芝

みどころ

前方後円墳

方墳

円墳

前方後円墳(帆立貝形)

1.履中天皇陵古墳(石津ヶ丘古墳) 世界文化遺産 構成資産

前方後円墳

百舌鳥古墳群では、仁徳天皇陵古墳(大山古墳)に次ぐ巨大前方後円墳で、10基ほどの陪塚を従えていましたが、現在は寺山南山古墳など4基が残るのみです。この古墳は、かたちや出土した埴輪、陪塚の出土品などから仁徳天皇陵古墳より先に造られたと考えられます。古墳がよく見える場所は、正面の拝所と東側の濠沿いの道です。

地図

履中天皇陵古墳(石津ヶ丘古墳)の地図

このページの作成担当

文化観光局 博物館 学芸課

電話番号:072-245-6201

ファクス:072-245-6263

〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内 堺市博物館

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで