このページの先頭です

本文ここから

旧丹治商会社屋、門及び煉瓦塀

更新日:2018年12月4日

登録区分

 登録有形文化財

説明

 旧丹治商会は、屋根瓦製造を生業としていた、旧「舳松(へのまつ)村」の瓦師・丹治利右衛門が創業した煉瓦(れんが)製造会社で、旧丹治商会社屋はその社屋であったと伝えられていますが、平成29年に改装されて、現在はイタリアンレストランとして活用されています。
 社屋は南面して建ち、煉瓦造、2階建、外壁化粧煉瓦張で、正面玄関や西玄関上部等、要所にステンドグラスを設けるなど瀟洒(しょうしゃ)な意匠でまとめられています。
 敷地内には、前庭を囲うように門及び煉瓦塀(れんがべい)が配され、いずれも明治時代後期の建築と考えられます。
 周辺には、関連建物と考えられる煉瓦造の蔵や煉瓦塀が残されており、それらと共に歴史的景観を今に伝えています。

所在地

 堺市堺区永代町1丁7-1

登録年月日

 平成30年11月2日

構造及び大きさ、建築年代

  • 社屋‐煉瓦造二階建、銅板葺、58平方メートル、明治後期
  • 門‐石造、間口2.1メートル、明治後期
  • 煉瓦塀‐煉瓦造、総延長18メートル、明治後期

このページの作成担当

文化観光局 文化部 文化財課

電話番号:072-228-7198

ファクス:072-228-7228

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階
(文化財課分室)〒590-0156 堺市南区稲葉1丁3142

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで