このページの先頭です

本文ここから

スタッフ紹介

更新日:2022年9月30日

 堺市博物館は、館長以下、副館長・学芸課長・学芸課参事・学芸課長補佐、管理係・学芸係・さかい利晶の杜担当・推進係のスタッフで運営しています。
 このページでは、博物館のスタッフの仕事・イチオシを紹介します。

副館長

辻尾 聖子

私のしごと

 博物館の管理や事業の運営方針などを取りまとめ、その実施に当たって総合調整を行っています。

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 堺市博物館の最大の魅力の一つは立地です。四季折々の大仙公園を楽しみつつ、世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」の構成資産である仁徳天皇陵古墳などの古墳を周遊しながら、百舌鳥古墳群ビジターセンターの映像シアターで古墳群の雄大さを体感されたら、当館へお越しいただき、古墳の出土品で本物の迫力を感じてください。市民ボランティアの方々が展示解説や体験学習でサポートしてくださり、理解が一層深まります。そして観覧後は悠久の歴史へ思いをはせつつ、伸庵で呈茶はいかがでしょうか?

学芸課長

増田 達彦(学芸員)

私の専門分野・しごと

 大学で何気なく入った考古学研究会の先輩に誘われて初めて発掘調査に参加しました。すると、普段使っているようなお茶碗のかけらがいっぱい出てきて、危ないなぁ、手を切りそうだなぁと思っていると、調査技師の方が「これは中国製、16世紀後半!」びっくりすると同時に感動したのを覚えています。当時の人々がどんな器や道具を使って日々暮らしていたのか。ごく普通のそんなことがわかればいいなと思っています。

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録されました。堺市博物館ではお越しくださった方々に古墳のことをよく知っていただくため古墳時代の展示をリニューアルしました。どうぞお出かけください。その際は、他の展示もご覧ください。展示数は少ないのですが、15世紀後半から17世紀初頭にかけて大きく発展する「堺」の発掘調査の成果を紹介しています。ドラマなどで、その頃の想像された堺の町が描かれますが、実際ににぎやかで大きな町だったことがわかりますよ。

学芸課参事

神原 富雄

私のしごと

 観覧者の皆様に安全で安心な環境の中で、快適なひとときをお過ごしいただけるような館であるように、総合的な管理運営を担当しています。

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 館内のグッズ販売コーナーを皆様がご興味をもって足を止めていただけるように商品やレイアウト等を適宜見直しています。当館を訪れてくださった記念にお買い求めいただけましたら幸いです。
 あまり知られていないかもしれませんが、美原区内にある、みはら歴史博物館は、「黒姫山古墳」「河内鋳物師」「ちょっと昔の道具」等をテーマとした展示場と、文化・芸術にふれて交流できる附属ホール(M・Cホール)を併せ持つ複合施設です。また、ホッと一息つけるカフェ風遊(ふらり)からの眺めが素敵です。ぜひ一度お出かけください。

学芸課長補佐

岸 隆史

私のしごと

 文化財課から令和4年4月1日付で異動してきました。
 堺の西区に住んでおり、大仙公園内を通って通勤しています。 
 住居周辺の地域の歴史に興味があります。

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 古代よりアジアとの国際交流で発展し、15世紀から17世紀にかけては、日明貿易、琉球貿易、南蛮貿易、朱印船貿易などで繁栄し、「日本のベニス」と呼ばれた堺の歴史文化がわかりやすく展示されている。

管理係

廣瀬 香代子(主幹兼管理係長)

私のしごと

 平成23年に堺市博物館内に開設したアジア太平洋無形文化遺産研究センターを誘致し、同センターと連携して事業を実施するために博物館に異動してきました。2年前からは、博物館の総務、経理、施設の維持管理など博物館の管理運営全般を統括する担当になりました。守備範囲が大変広いので日々悪戦苦闘していますが、博物館を作り上げる一端を担えること、国内外から多くの方をお迎えできることに喜びを感じています。

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 展示場にある祭礼鉾の大小路鉾です。その鉾の幕には、太平楽、蘭陵王、胡蝶といった雅楽の大曲、名曲を舞う舞人たちが・・・。
 以前、無形文化遺産の事業を通して、雅楽の千年に及ぶ伝承の歴史や、音楽としての幅広さに感銘を受け、宮内庁の楽師さんによる雅楽の公演も実現しました。
 展示場でのこの思いがけない舞人たちと出会いは、雅楽を身近なものに感じることができた瞬間となりました。
 皆様も、当館で自分だけのとっておきの一品を見つけてください。

赤坂 亜衣

私のしごと

 堺市博物館の設備点検や維持管理の仕事を担当しています。施設の設備に問題がないかなどを確認し、ご来館いただいた方の安心安全な空間づくりを行う業務です。また、堺市博物館の予算に関する業務も担当しています。

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 古墳群から発掘された埴輪など古墳時代の貴重なものをたくさん展示しています。また、堺は商人のまちでもあり、堺の商人が鉄砲の製法を学び、広めました。江戸時代に堺で作られた火縄銃も展示していますので、ぜひご覧いただきたいです。
 そして、堺市博物館の隣には庭園があり、庭園内の茶室では抹茶を楽しむこともできますので、ぜひ、ゆったりとした時間をお過ごしください。

飯田和人

私のしごと

 堺市博物館の施設の維持管理を担当しています。
 「世界遺産 百舌鳥・古市古墳群」のおひざ元にあり、世界中から楽しみにしてご来館されるすべての方々に、安心・快適に展示物をご覧いただけるよう、博物館の施設設備の点検と維持管理の業務に携わっています。

堺博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 古墳群から発掘された埴輪や土器、「黄金の日日」で有名な中世・堺の華やかな出土品など素晴らしい展示物はもちろんおススメですが、大阪の都心部からわずか15分というロケーションでありながら体験できる「古墳に抱かれた緑の中の博物館」は、他では味わえないまさにオンリーワンの魅力です。ぜひ心やすまるひとときをお過ごしください。

岡野 千代子

私のしごと

 博物館へのお問合せの案内や団体観覧の受付、並びに当館で刊行している図録や研究報告の郵便発送等を担当しています。

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 当館はJR百舌鳥駅から歩いてすぐの大仙公園の中にあります。世界遺産に登録されているさまざまな古墳の散策も兼ねてお越しください。
 展示は、堺の長い歴史を知っていただきたく、お子さまから大人の方にも楽しんでいただける工夫をしています。
 また、当館の学芸員が執筆した研究報告や展示品の図録、堺市博物館オリジナルのミュージアムグッズも販売していますので、ぜひご覧ください。

推進係

海邉 博史(推進係長・学芸員)

私の専門分野・しごと

 考古学が専門です。中でも歴史時代のお墓に興味があり、全国各地の墓地やお寺を巡っています。
 業務では百舌鳥古墳群や古墳に関する特別展、スポット展示などを担当しているほか、シンポジウムや講座などの企画運営、収蔵資料の整理などに携わっています。さまざまな形や方法で博物館や堺の魅力発信に努めていこうと思います!

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 オススメする展示品は、ニサンザイ古墳出土の「木の埴輪」です。
 埴輪というと土で作ったものというイメージがありますが、実は木でも製作されています。ニサンザイ古墳では、濠の中の発掘調査を実施し、多くの木製品が出土しました。中でも日傘を模した木の埴輪「木製蓋(きぬがさ)」の発見は、古墳に土の埴輪が並んでいるイメージを覆すものでした。私自身がニサンザイ古墳の調査を担当していたこともあり、非常に思い入れのある展示品です。

遠藤 浩也

私のしごと

 学校園の対応を担当しています。来館した児童生徒に堺の歴史や文化を少しでも知ってもらえたら幸いです。
 体験学習会で勾玉(まがたま)作りや、埴輪(はにわ)作りの指導もしています。オンラインでも発信していますので、ぜひご覧になってください。また、教員研修の担当もしています。堺の教職員が堺を知り、子どもたちに堺を伝えてもらえたら嬉しいです。
 今後とも子どもたちが興味を持って見学できるイベントやクイズを考えていきたいと思っています。ぜひ堺市博物館にご来館ください。

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 私の堺市博物館のおすすめは、地下体験コーナーの土器やはにわの立体パズルです。小学生が来館したときには展示場以上に盛り上がって遊んでいます。また、休日には大人の方でも夢中になっている姿を見かけます。来館された折には、ぜひ地階に降りて体験してみてください。新型コロナへの対策として体験前後には必ずアルコール消毒をお願いします。

河合 延明

私のしごと

 主に学校園対応や体験学習会開催・職場体験対応を担当しています。来館する児童生徒に博物館への興味関心を持ってもらったり、古代の道具やレプリカの制作体験をとおして歴史に触れてもらえればと考えています。
 また、職場体験では博物館のバックヤード体験を通して、博物館業務のおもしろさを感じてもらえればと思います。
 今後、学校園むけの新しい展示内容や新な体験活動内容を紹介していきたいと思っています。是非堺市博物館にご来館ください。お待ちしています。

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 私の堺市博物館のおすすめは、体験学習会での「ダンボールで仁徳天皇陵古墳の模型」制作と「厚紙で古代の冑(かぶと)」作りです。古墳模型では部品の切り取りに、冑では紐での結びあわせにいずれも時間がかかります。完成度や満足度に加え、古代の歴史に興味関心が深まることと思います。また、大人と子どもが共同作業し、一つの物を完成させる楽しさも体験できます。
 これら以外にも勾玉・埴輪等を制作する体験学習会もあります。是非堺市博物館での体験学習会に参加していただき、古代の歴史文化の魅力をご堪能ください。

徐 素娟

私のしごと

 専門は文化人類学です。それに関連して、当館内に開設されているアジア太平洋無形文化遺産研究センターとの連携事業である無形文化遺産保護の普及事業に携わっています。これまでに、無形文化遺産シリーズ展、無形文化遺産理解セミナー、ワークショップ、パネル展示などの企画、実施を担当しました。
 また、より多くの方に堺市博物館の事業に関心を持っていただけるよう、工夫しながらホームページやフェイスブックの発信に取り組んでいます。

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 アジア諸国の文化にご興味のある方は、ぜひ『ユネスコ「アジア太平洋無形文化遺産研究センター」との協力連携(内部リンク)』をご覧ください。

白神 典之(学芸員)

私の専門分野・しごと

 専門分野は考古学になります。研究まで昇華できたものはありませんが、しいて言えば、遺跡や遺物を主題に堺の歴史や文化を考えることです。

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 展示場への入り口や地階の年表を見ていただくと、堺の長い歴史を彩る事象の多さにお気づきいただけるかと思います。これを入り口に堺の歴史全体に興味を持っていただければ幸いです。

橘 泉(学芸員)

私の専門分野・しごと

 昔の人はどのような暮らしをしていたのだろう?ということに興味があり、考古学を勉強しています。特に古墳に立てられている色々な形の「埴輪」が専門です。
 また、人々が使っていた(使っている)道具【民具】にも関心があり、古い道具をみると、道具が使われてきた歴史を感じてわくわくします。
 歴史や文化財って身近で面白いと思える展示やイベントができる博物館に少しでも近づけるように、日々ネタを探しています!

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 「おすすめ」がありすぎるので、泣く泣く絞った一つが、御廟山古墳の円筒埴輪です。御廟山古墳の円筒埴輪には「鹿」の絵が線刻されています。1600年前の人が描いた 「鹿」!と思うとじっと見たくなりませんか?ちなみに赤山古墳の円筒埴輪には「馬」が表現されています。
 博物館の楽しみ方は、人それぞれ。ですが、展示品を見て、なんでこんなの作ったんやろう?、どんな人が作ったんやろう?、ここ失敗したんちゃう?…と想像するとめっちゃ面白いです。誰かとあーでもない・こーでもないと話しながらみるのも楽しいですよ。是非博物館に楽しみを見つけに来てください!

学芸係

宇野 千代子(学芸係長・学芸員)

私の専門分野・しごと

 歴史ある資料のなかでも鑑賞性の高い美術資料を専門にしています。
 これまでに担当した展覧会は、「ICOCU異国~南蛮とキリシタンの美術~」(平成25年度)、「更紗メイド・イン・ジャパン」(平成27年度)、「富岡鉄斎~和泉国茅渟海畔の寓居にて」(平成29年度)、「土佐光吉~戦国の世を生きたやまと絵師~」(平成30年度)などです。
 博物館は、昔の人々が大切にしてきた美術資料を楽しむことのできる場です。その楽しみを多くの皆様と共有し、さらに次の世代にも伝えていけるよう資料の保存にも努めています。

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 私のイチオシは「住吉祭礼図屏風」(堺市指定文化財)です。現在も続いている住吉祭ですが、この屏風には400年前の祭がにぎやかに描かれています。商家の立ち並ぶ堺の町を仮装した人々が練り歩く様子など、細かいところまで生き生きと描かれていて見飽きません。
 実物は期間を限って企画展などで展示していますが、精巧なレプリカを常設展示していますので、ぜひご覧いただきたいと思います。

倉橋 昌之(学芸員)

私の専門分野・しごと

 本来の専門は日本中世史・日本古文書学です。それをベースに、博物館では日本書道史を中心にして「お茶の歴史」など「日本文化史」分野を広く研究し、展覧会や「博物館連続公開講座」等の講演会などを企画、開催してきました。
 堺市は、大阪府初の世界(文化)遺産「百舌鳥古墳群」の所在地として世界中から注目を集めていますが、それ以外にも、多くの歴史・文化が育まれたところです。そのことについても広く情報発信していきたいと思います。

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 私のおすすめは、「博物館ボランティア」の方々の活動です。
 活動内容は、常設展示を一緒に回りながら解説を行う「展示解説ボランティア」活動、そして普及事業の体験学習会をサポートする「体験学習ボランティア」活動です。IT時代の今日こそ「人のつながり」「人の温もり」が重要ではないでしょうか。新型コロナ感染拡大防止のためには密接を避けねばなりませんが、「アフター・コロナ」時代には、ぜひ当館のボランティアの方々との交流をお楽しみください。

石畑 いづみ(学芸員)

私の専門分野・しごと

 美術工芸担当の学芸員で、専門は染織文化史です。資料に用いられている素材や技法、はたまた意匠(デザイン)などに興味があります。そこには、作り手の高い技術と、使い手の願いや祈りが込められているからです。
 資料のもつ魅力や面白さについて、展示や講座等を通してわかりやすく発信し、市民の皆さんと共有していきたいです。

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 私のイチオシは常設展示室にある「堺緞通織機(さかいだんつうしょっき)」です。緞通とはいわゆる絨毯(じゅうたん)のことで、その緞通を織るための機織です。幅約4メートル、高さ約2.4メートル、奥行き約1.4メートル。なんといっても、その大きさに圧倒されます。博物館に移動する時、大変だったことが想像されます。 
 これは3人の織り手が横並びに座って同時に織るものです。博物館のyoutube等で実際に織っている姿をご覧いただくことができます。大きさだけでなく、機織として動く姿をお楽しみください。

渋谷 一成(学芸員)

私の専門分野・しごと

 専門分野は中世史ですが、博物館では文献資料を中心に中世から近代の歴史に関する展示を担当してきました。
 これまで担当した展覧会のテーマは、堺市域の中世文書、南海ホークス、開口神社、泉北ニュータウン、近世・近代の堺の芝居と演劇人、『堺市史』編纂90周年などです。
 約90年前の『堺市史』、約50年前の『堺市史続編』の成果を受け継ぎ、地域の歴史資料の状況に目を配りながら、「市民の文化遺産の庫」であり「市民の文化の広場」としての博物館の役割を意識した活動を続けたいと思います。

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 博物館の収蔵品には、古文書をはじめとする多くの文献資料もあります。とくに、鎌倉~戦国時代に現在の南区美木多地域を中心に活躍した武士の活動を伝える和田(みきた)家文書(重要文化財、個人蔵)や、近世~近代にいたる堺の町に関する古文書群―芝辻理右衛門家文書、谷善右衛門家文書、米屋甚兵衛家文書など―はいずれも、この地域に生きていた人々の暮らしや文化を知る上で不可欠の資料です。
 博物館では展示のほか、講演会や古文書講習会などの機会を通じて、古文書のもつ魅力を皆様に伝えていきたいと考えています。

肥田 翔子(学芸員)

私の専門分野・しごと

 考古学を専門にし、収蔵品・収蔵環境の管理、展覧会準備などを日々行っています。
 関心があるのは古墳時代、なかでも馬の文化です。5世紀ごろ日本列島へやって来た馬は、その後の社会に欠かせないものになります。
 古墳時代は、現代からみれば異国のようで、異なる文化を知る面白さもありつつ、今の日本につながるさまざまな原点をもつ時代。その魅力や謎を、より多くの方に知ってもらう機会を堺市博物館で作っていきたいです。

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 陶邑(すえむら)窯跡群の須恵器は、重要文化財に指定されています。しかし綺麗な優品とは言い難く、破片をつなぎ合わせ復元された部分が多かったり、ぐにゃっと曲がったものもあったり…。おそらく、上手に焼けたものは出荷するため、窯近くに残ったこれらは失敗品だったのでしょう。窯業の幕開けを代表する遺跡の、大変重要な資料ですが、当時の人が「こりゃ使えない!」と嘆いて捨てた姿を思い浮かべると、少し親しみが湧いてきませんか?

堀川 亜由美(学芸員)

私の専門分野・しごと

 美術担当の学芸員です。仏教美術が専門ですが、堺の寺院史や堺緞通を中心とした産業史にも興味があります。
 さまざまな文化財を通して、昔の人々の思いに迫り、堺の魅力を伝えたいと考えています。
 これまでに、「堺緞通ものがたり」(平成29年度)、「堺・経典をめぐる文化史」(平成30年度)、「描かれた仏の世界」(令和元年度)などの展覧会を担当しました。

堺市博物館のここがおすすめ・これがイチオシ

 私のイチオシは、百舌鳥の地に伝来した観音菩薩立像です。ビャクダンという目の細かい香木で彫られており、頭飾や表情の繊細な表現は観ていて飽きることがありません。
 中国隋時代(581~618年)の作とされており、国の重要文化財に指定されています。保存上の都合により、年の半分ほどは収蔵庫でお休みしていますので、展示の予定をお確かめのうえご来館ください。

さかい利晶の杜担当

矢内 一磨(学芸課主幹・・学芸員)

私の専門分野・しごと

 日本文化史が専門です。歴史上の人々の息吹や足音を感じるようなテーマを研究しています。価値があるのかな?と思うテーマや美しいとはいえない?資料を研究し素晴らしい文化を読み取り、伝えることがこの上ない喜びです。
 一休宗純が亡くなった後の600年間の弟子たちの歩み、顧みられることが少なかった江戸時代の堺、吉田初三郎のパノラマ地図などを研究し、展示や研究論文、講演会などで市民に還元してきました。
 現在は主に利休、晶子を顕彰する堺区宿院町西2丁にある歴史文化にぎわいプラザ(さかい利晶の杜)内にある当館直営の学芸部門で働いていますが、堺時代の利休、晶子と当時の堺について研究し、その成果を展示や普及に生かしています。また歴史上の地震の研究など分野の壁を越えた新しいテーマに挑戦を続けています。
 さかい利晶の杜の学芸グループのとりまとめや管理部門を担う指定管理者との調整も私の大切なしごとです。

さかい利晶の杜のここがおすすめ・これがイチオシ

 私のイチオシは「ミュージアムの立地」です。百舌鳥古墳群の中心部、仁徳天皇陵古墳の南側にある堺市博物館は古墳群のなかにあることで、その価値を高めています。さかい利晶の杜は千利休、与謝野晶子が生まれ育った場所の半径300メートル以内に立地しています。
 時間は異なっても空間を同じくすることができます。是非、歴史の現場に立つとともに、より歴史を実感するためにミュージアムの展示をお楽しみください。

柿沼 菜穂(学芸員)

私の専門分野・しごと

 専門は日本考古学。弥生時代後期から古墳出現前夜の社会と鋳造関連に注目してきました。現役時代は、堺市博物館で考古学からみた漁具の展示などを、みはら歴史博物館では銅鐸や河内鋳物師など主に鋳造関連の特別展を担当してきました。令和4年度からは、さかい利晶の杜で再任用職員として勤務しています。

さかい利晶の杜のここがおすすめ・これがイチオシ

 思い入れがある資料は、実物の浜寺昭和町出土銅鐸や自身が手掛けた複製品である仁徳天皇陵古墳の甲冑図と石室・石棺図、浜寺昭和町出土銅鐸(現在未陳資料あり)などです。また、さかい利晶の杜は、千利休と与謝野晶子を顕彰しつつ、より親しみやすい施設として、今後もますます多くの来館者に楽しんでいただくことを願っています。

川勝 美佐子

私の専門分野・しごと

 専門は古文書学で、与謝野晶子、寛夫妻等が書いた書簡や屏風、歌稿等の解読をしています。短歌については全集と照らし合わせることで解読がかないますが、書簡や歌稿ノートの文字の解読は難しいこともあります。晶子は寛に字を習っていたこともあり字が似ていますし、多忙な晶子に変わって寛が代筆している時もあります。全集に収録されていない短歌を見つけることもあり、やりがいを感じます。また、館蔵品の調査、整理も重要な仕事です。装幀にこだわる寛の下で出版された書籍類は、版を重ねると表紙の色や体裁が変わることがあり、1984年に堺市博物館で特別展「与謝野晶子」を担当した時には知りえなかったことがわかる楽しみを感じています。

さかい利晶の杜のここがおすすめ・これがイチオシ

 1800点を上回る館蔵品の中でイチオシを選ぶのは至難の業ですが、川勝コレクションの歌(色紙・短冊)貼交屏風をお勧めします。川勝コレクションとは1961年に堺の南宗寺で開催された晶子展が縁で、当時高島屋の重役をされていた川勝堅一より堺市に寄贈された資料群です。晶子の歌は昭和4年と6年に近畿を訪れた際の歌と、15年の皇紀2600年を祝す歌が大半です。寛の歌は亡くなる前月に詠まれました。川勝は、夫妻と会った際に書いてもらったこの短冊や色紙に、能装束の見本裂や、洋画家の山下新太郎の薔薇の絵色紙を貼り、余白に南宗画家の泥谷(ひじや)文景に梅を書いてもらい金地の屏風に仕立てました。与謝野夫妻を支援した川勝の美意識や夫妻への思いがこもった作品です。
 常時展示はできませんが、収蔵品データベースでこの美しさをぜひご覧ください。

五福 伊八郎(学芸員)

私の専門分野・しごと

 もとはエンジニアですので学芸業務の幅はあまり広くありませんが、大学院では日本中世(特に源平期)の武家儀礼を専門に研究をしました。また、河内長野市の郷土史研究に携わっていたため、その縁で江戸中期の堺商人、谷善右衛門の手掛けた谷焼を調査することになりました。茶道については、赤穂浪士と関係の深い武家茶道の一つである宗徧流で、家族が大阪支部の役員をしていたこともあり、千家茶道や武家茶道の歴史に興味を持つこととなりました。
 利晶の杜では、武家儀礼と近世堺商人の知識を活用し、堺に根差した茶の湯文化を具体的に掘り下げて、市民が郷土に親しみを持つ手助けになればと思っています。

さかい利晶の杜のここがおすすめ・これがイチオシ

 私のイチオシは、館の庭園にある夏椿(日本での俗称、沙羅双樹)です。インドなどでみられる本来の沙羅双樹とは別の植物ですが、『平家物語』の冒頭にも現れ、物事のはかなさの比喩に用いられます。館の南面から西面の庭園に3本ほどあり、6月に白い花を咲かせます。茶の湯の侘びに通じる日本文化を象徴する植物のひとつです。案内板も付けてありますので、利晶の杜にお越しの際は、時季外れでもお探しになってみてください。

三好 帆南(学芸員)

私の専門分野・しごと

 堺生まれの茶人・千利休や茶の湯文化を紹介するしごとをしています。美術工芸、建築、芸能、書などの多様なジャンルが交差する総合芸術としての茶の湯に関心を持っています。堺環濠都市遺跡(さかいかんごうとしいせき)から出土した茶陶の展示にも取り組んでいます。
 常設展をより楽しむためのキッズガイドや学芸事業を紹介するニュースレターの発行、運営グループとコラボした子ども向けのワークショップ、動画制作などさまざまな普及活動にも力を入れています。

さかい利晶の杜のここがおすすめ・これがイチオシ

 私のさかい利晶の杜のイチオシは二畳の茶室「さかい待庵」です。現存する唯一の千利休作の茶室とされる国宝「待庵」の創建当初の姿を再現したものです。千利休の作意や独自の空間の素晴らしさを体感いただけます。

森下 明穂(学芸員)

私の専門分野・しごと

 さかい利晶の杜で与謝野晶子記念館を担当しています。記念館の前身である与謝野晶子文芸館で10数年間学芸員として主に企画展を行い、その後さかい利晶の杜の開館準備に関わり現在に至ります。
 「情熱の歌人」や「反戦詩人」というイメージが強い晶子が最初は苦手でしたが、彼女の言葉や生き方に触れ、今では晶子の生き方が人生の教科書です。12人もの子どもを育てながらたくさんの仕事をこなした晶子の言葉に励まされながら、私も2人の子どもを持つ母として、日々子育てと学芸員の仕事に奮闘しています。当館所蔵の晶子資料を間近で調査できる喜びを感じながら、晶子の声に耳を傾け、その声を一人でも多くの人たちに届けたいと思っています。

さかい利晶の杜のここがおすすめ・これがイチオシ

 さかい利晶の杜の2階にある与謝野晶子記念館の展示をぜひ「体感」してください。私は、この記念館を作るにあたって、前身の与謝野晶子文芸館でいただいた来館者の声を活かしたいと思い、分かりやすい展示構成と手法を検討しました。その結果、晶子の短歌を映像と音声で体感するコーナーや、晶子の美しい装幀本を立体的に鑑賞するコーナーができました。晶子の生家・駿河屋の店先をほぼ実寸大に再現し、晶子の堺時代を紹介していますので、ご観覧後にぜひ堺市内の晶子ゆかりの地も巡っていただきたいと思います。

このページの作成担当

文化観光局 博物館 学芸課

電話番号:072-245-6201

ファクス:072-245-6263

〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内 堺市博物館

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで