新型コロナウィルス感染症拡大防止(しんがたころなういるすかんせんしょうかくだいぼうし)のためのごみの捨て方(すてかた)

最終更新日:2020年8月14日

新型コロナウイルス(しんがたころなういるす)の 病気(びょうき)を 広(ひろ)げないための 家(いえ)の ごみの 出(だ)し方(かた)         

家(いえ)の ごみを 出(だ)すときに 気(き)を付(つ)ける こと

(1) ごみ袋(ぶくろ)は しっかり しめて ください。
(2) ごみ袋(ぶくろ)を しめる ときは、 袋(ふくろ)の 中(なか)の 空気(くうき)を 全部(ぜんぶ) 外(そと)に
 出(だ)して ください。
  ごみ袋(ぶくろ)に 空気(くうき)が 入(はい)っていると、ごみを 集(あつ)める 車(くるま)の 中(なか)で 
 袋(ふくろ)が やぶれて しまいます。
(3) 生(なま)ごみは かわいてから 捨(す)てて ください。
(4)家(いえ)の ごみを 少(すく)なくして ください。

 たとえば 買(か)った 野菜(やさい)や 肉(にく)、 魚(さかな)などの 食(た)べ物(もの)は、 捨(す)てないで
 全部(ぜんぶ) 使(つか)って ください。

新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)になった 人(ひと)や 新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)の 病気(びょうき)かもしれない 人(ひと)の マスク(ますく)や ティッシュ(てぃっしゅ)の 捨(す)て方(かた)

(1) ごみ箱(ばこ)に ごみ袋(ぶくろ)を かぶせて ください。
  そして、 ごみが いっぱいに なる前(まえ)に ごみ袋(ぶくろ)を しめて ください。
(2) ごみ袋(ぶくろ)を しめる ときは、 ごみ袋(ぶくろ)の 中(なか)の 空気(くうき)を 全部(ぜんぶ) 外(そと)に
 出(だ)して ください。
  そして、しっかり しめて ください。
  ごみが ごみ袋(ぶくろ)の 外(そと)に ついたときや ごみ袋(ぶくろ)が やぶれた ときは、 新(あたら)しい
 ごみ袋(ぶくろ)に  ごみが入(はい)った 袋(ふくろ)を いれて ください。
(3) ごみを 捨(す)てた あとは、 せっけんで 手(て)を あらって ください。

 
  みなさんの 家族(かぞく)や ごみを 集(あつ)める人(ひと)を 守(まも)るために 協力(きょうりょく)して ください。


新型コロナウイルスなどの感染症対策のためのご家庭でのごみの捨て方(環境省)を加工して作成

出典:環境省ホームページ

このページの作成担当

環境局 環境事業部 環境業務課
電話:(指導係・美化係)072-228-7429、(業務係)072-228-7428