このページの先頭です

本文ここから

堺市インフルエンザ予防接種費用自己負担金の助成に関する要綱

更新日:2022年1月4日

(趣旨)
第1条 この要綱は、公害健康被害の補償等に関する法律(昭和48年法律第111号)に基づき本市が公害健康被害の認定をした者(以下「被認定者」という。)の健康保持を図るため、インフルエンザに係る予防接種(以下「予防接種」という。)を受けた際に被認定者が負担する費用を助成すること(以下単に「助成」という。)について必要な事項を定める。
(対象者)
第2条 助成を受けることができる者(以下「対象者」という。)は、予防接種の実施期間内に当該予防接種を受けた被認定者とする。ただし、堺市インフルエンザ予防接種の実施に関する要綱(平成13年制定。以下「実施要綱」という。)第9条に規定する無料受診券の交付を受けた者は、対象としない。
(助成の金額)
第3条 助成の金額は、対象者が予防接種費用として医療機関に支払った額とする。ただし、市長は、特別の理由があると認めるときは、助成の金額を別に定めることができる。
(助成の回数)
第4条 助成は、対象者1人につき、毎年度1回限り行うものとする。
(助成の申請)
第5条 対象者は、助成を受けようとするときは、毎年度2月末日までに堺市インフルエンザ予防接種自己負担金助成申請書(別記様式)に必要書類を添えて、市長に申請しなければならない。
(助成の決定等)
第6条 市長は、前条の規定による申請があった場合は、その内容を審査し、適当と認めるときは、助成を行うことを決定し、その旨を申請者に通知するとともに、当該申請を受けた年度の末日までに当該助成に係る金額を申請者の指定する口座に振り込むものとする。
(助成の決定の取消し等)
第7条 市長は、虚偽の申請その他不正の手段により助成の決定を受けた者があるときは、当該決定の取消しを行うものとする。この場合において、市長は、当該取消しを受けた者から、助成を受けた額に相当する金額の全部又は一部を返還させることができる。
(委任)
第8条 この要綱の施行について必要な事項は、所管部長が定める。 
附則
この要綱は、平成18年10月21日から施行する。
附則
この要綱は、平成23年10月21日から施行する。
附則
この要綱は、平成26年10月1日から施行する。

(施行期日)

1 この要綱は、令和2年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の際、この要綱による改正前の堺市インフルエンザ予防接種費用自己負担金の助成に関する要綱の様式に関する規定により作成され、現に保管されている帳票については、当分の間、この要綱による改正後の堺市インフルエンザ予防接種費用自己負担金の助成に関する要綱の様式に関する規定による帳票とみなして使用することができるものとする。

 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

健康福祉局 保健所 保健医療課

電話番号:072-228-7582

ファクス:072-222-1406

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで