このページの先頭です

本文ここから

【定員に達しました】日本インドネシア国交樹立65周年記念公演~インドネシアの文化に触れよう~観覧者募集

更新日:2023年1月10日

定員に達したため、受付を終了しました。

日本インドネシア国交樹立65周年記念公演~インドネシアの文化に触れよう~をフェニーチェ堺で開催します

公演概要

堺市では、日本とインドネシア共和国との国交樹立65周年を記念し、在大阪インドネシア共和国総領事館と共催でインドネシアの文化に触れていただける公演を開催します。

ユネスコ無形文化遺産に登録されている影絵人形芝居(ワヤン・クリッ)、バリガムランの演奏、バリ舞踊を紹介するほか、日本文化である和太鼓の演技も行います。

インドネシアの文化を広く堺市民の皆様に楽しんでいただける機会ですので、ぜひご観覧ください。

日時

令和5年2月12日(日曜)15時から17時 14時30分開場

場所

フェニーチェ堺 小ホール(堺市堺区翁橋町2丁1-1)

定員

先着280人

費用

無料

影絵人形芝居(ワヤン・クリッ)について

インドネシアのバリ島とジャワ島にはワヤンという影絵芝居があり、ユネスコの無形文化遺産として2009年に正式に登録されています。ワヤンとは、インドネシアの影絵人形芝居の総称で、バリでは古くから儀礼の場や庶民の娯楽として上演されてきた伝統芸能の一つです。影絵は、牛の皮を精巧に彫刻して作られた人形をスクリーンに投影して演じられます。ワヤンは「人形」を、クリッは「皮」を意味します。
ダランと呼ばれる人形遣いによって物語が語られ、伴奏にはグンデル・ワヤンと呼ばれるワヤン専用の青銅製のガムラン音楽が演奏されます。ダランは、ときには百体以上の人形や小道具を一人で操り、様々な声色を駆使して人形に声を与え、歌も歌います。さらに、古代ジャワ語やマントラにも精通し、伴奏のガムランも含めて、ワヤンの全てを司ります。あらゆる物語と知識に精通しているダランは、バリでも特別な存在であり、人々から尊敬されています。

引用:Wayang Tunjuk 梅田一座 http://wayangtunjuk.web.fc2.com/wayang.html

出演者

バリ島の影絵人形芝居(ワヤン・クリッ):梅田英春

1984年からバリでワヤンの勉強を始め、1986年から1988年までインドネシア政府給費留学生としてインドネシア国立芸術大学ワヤン学科で学びました。また留学中は大学で学ぶだけでなく、タバナン県トゥンジュク村のワヤンのスタイルを学び、現在はそのスタイルで上演を行っています。 カウィ語(古ジャワ語)と日本語を用いる上演スタイルを考案し、現在まで日本各地、インドネシア、アメリカなど海外での公演も行っています。 また民族音楽学者として静岡文化芸術大学で教授を務めており、ワヤンに関するさまざまな研究に取り組み、『バリ島ワヤン夢うつつーー影絵人形芝居修業記』(2009年、木犀社)、『バリ島の影絵人形芝居ワヤン』(2020年、めこん)などを発表しています。

バリ島の影絵人形芝居(ワヤン・クリッ):ワヤン・トゥンジュク梅田一座

インドネシアのバリ島で古くから上演されてきた影絵人形芝居(ワヤン・クリッ)の古典を、現地のタバナン県トゥンジュク村のスタイルで上演する梅田英春氏率いる 一座です。

バリガムラン演奏:ギータ・クンチャナ

インドネシア政府給費留学生として1991年から2年間インドネシア国立芸術大学デンパサール校にてバリガムラン*と舞踊を学んだ小林江美氏主宰で1994年より大阪市内でガムラン演奏活動を行っています。伝統楽曲演奏の傍ら、和太鼓、バイオリン、ピアノ、シタールなど様々な分野の音楽とのコラボレーションにも挑戦しています。また、影絵人形遣いの梅田英春氏指導のもと、影絵人形芝居公演を2年に一度主催しています。オリジナル楽曲CD『ガムラン・プチガトー』をリリース、個性的な音創りが好評を博しています。

*ガムランとは、打楽器を主とするインドネシア独自の合奏音楽のこと。

バリ舞踊:プスパ・クンチャナ

小林江美氏主宰で1995年より大阪市内でバリ舞踊の活動を探求し続けています。伝統舞踊にとどまらず創作舞踊にも取り組んでいます。ガムランの響きと動きの調和を心掛け、表情豊かな舞踊、パフォーマンスを行っています。

和太鼓:堺御陵太鼓

2013年、フェニーチェ堺の前身である堺市民会館で行われた、舞太鼓あすか組のワークショップ参加者有志によって結成。堺まつりや地域のお祭り、介護施設での演奏をはじめ、岩手県大槌町での復興支援コンサートにも出演するなど、堺に限らず幅広く活動をしています。「自分たちだからこそできる演奏を届ける」という想いのもと、和太鼓の素晴らしさを広げていきたいと考えています。

申し込み方法

定員に達したため、受付を終了しました。
以下のいずれかの方法でお申込みください。
(1) 電話
(2) 堺市電子申請システム
※(2)のお申込みには登録が必要です。
※お申込みには、(1)お名前、(2)電話番号、(3)参加人数(1申込につき5人まで)、堺市電子申請システムの場合のみ(4)電子メールアドレス が必要です。

注意事項

・当日は自由席です。
・新型コロナウイルス感染症の影響により出演者等に変更が生じる可能性があります。
・必ずマスクの着用をお願いします。※マスクの着用をされていない方は、入場をお断りさせていただきます。
・開場は14時30分からとしていますが、混雑時は多少早まる可能性があります。
・当日受付で代表者名と人数をお伝えください。

このページの作成担当

文化観光局 国際部 アセアン交流推進室

電話番号:072-222-7343

ファクス:072-228-7900

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館6階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで