このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

ブルネイ・ダルサラーム国伝統料理「アンブヤット」クッキング動画及びレシピ公開!

更新日:2021年9月3日

「アンブヤット(Ambuyat)」と付け合わせのおかずを堺で作ってみました

インドネシア共和国やマレーシアとともにカリマンタン島(ボルネオ島)にあるブルネイ・ダルサラーム国の数少ない代表料理として、サゴヤシの樹液から作られるサゴ粉(さごやし粉)を使って調理するアンブヤットがあります。
しかし、食べてみたいと思っても日本では食べられるお店がありません。
現地でアンブヤットを調理するYouTube動画はたくさん紹介されているものの、日本国内で再現できるのか、e-food.jp代表 青木ゆり子さんのレシピを基に室員で挑戦してみました。サゴ粉はアレルギーフリーなため小麦粉の代用品として利用される場合があり、日本でも一般に販売されています。
ブルネイ・ダルサラーム国を知るには、こちらのページ(クイズ形式)をご覧ください。 

ASEAN(アセアン)諸国のクイズに挑戦

「アンブヤット」と付け合わせおかずレシピ(2~3人分)


画面を大きくして視聴するときは、以下リンク先からご覧ください。
こちらからもYouTube動画再生されます。https://youtu.be/Xc_gmd3k1Yk

【アンブヤット材料】

さごやし粉(さくさく粉)  250g
・熱湯  3カップ程度
作り方:
(1) ボールにさごやし粉を入れ、多めの水を注いで軽く混ぜた後10分おく。
(2) (1)の水を捨てて熱湯を一気に注ぎ、さごやし粉が半透明になるまでよくかき混ぜる。
又は
(1) ひたひたの水で軽くなじませる。
(2) (1)に熱湯を一気に注ぎ入れ、半透明になるまで(固まるまで)よくかき混ぜる。
★現地では火にかけることはありませんが、気温などの違いからなかなか固まらなかったので、火にかけました。
【注意】ブルネイで使用されているさごやし粉と日本のさごやし粉は、原材料は同じですが製造方法が違います。
【さごやし粉代用品】タピオカ粉やわらびもち粉等。

【付け合わせおかず1 魚料理】

(さわら 又は さば)  2切
エシャロット(みじん切り)  1片
しょうが(みじん切り)  小さじ1/2
レモングラス(みじん切り)  小さじ1/2
★大きすぎると口に残るような硬さがあるので、細かく切ることをお勧めします。
タマリンド  1個 ※今回はペースト状のものを使用しました。
ターメリック  小さじ1/2
唐辛子  1本
  少々
  適量
作り方:
フライパンに魚を入れ、エシャロット、しょうが、レモングラス、タマリンド、ターメリック、唐辛子、塩、水(ひたひたになるまで)を入れ、魚に火が通るまで煮込む。  

【付け合わせおかず2 山菜料理】

ぜんまい 又は こごみ  150g
エシャロット(みじん切り)  1片
シュリンプペースト(代用:イカの塩辛)  小さじ1
唐辛子  1本
にんにく(みじん切り)  1かけ
サラダ油  適量
作り方:
(1) 中華鍋にサラダ油を入れて熱し、エシャロット、にんにく、シュリンプペースト、唐辛子を加えて香立つまで炒める。
(2) (1)にぜんまい(又はこごみ)、水少々を入れて強火でさっと炒める。

【付け合わせおかず3 野菜料理】

きゅうり  適量
にんじん  適量
スイートチリソース  適量
きゅうり、にんじんを輪切りにし、スイートチリソースを添えて盛り付ける。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化観光局 国際部 アセアン交流推進室
電話:072-222-7343 ファックス:072-228-7900
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館6階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

配信動画一覧

  • ブルネイ・ダルサラーム国伝統料理「アンブヤット」クッキング動画及びレシピ公開!

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る