このページの先頭です

本文ここから

堺区役所

更新日:2022年3月23日

区長の写真堺区長   西本 秀司

このような考え方で組織を運営します

 
 区役所の使命は、「地域の総合行政サービスの拠点」として、日常生活にかかわる行政サービスを正確・丁寧・迅速に提供し、区民からの信頼を得ることです。さらに最も身近な「住民自治の拠点」として、区民、地域の自主的な活動を支援し、安全・安心の確保と区の特色を活かした都市魅力の発信に努め、「地域力が高く、郷土愛あふれる・まち」をめざします。

 これらの達成に向け、令和3年度からの5年間の区政運営の方向性を定めた「堺区チャレンジ(Challenge)プラン」を策定しました。今後は、本プランで示した郷土愛の醸成や若い世代の参加による地域コミュニティの活性化、利便性の高い窓口サービスの提供や強靭でしなやかな防災体制の構築などにより、区民満足度の向上につなげます。

 

このように行財政改革に取り組みます

区役所相談業務の見直し

 各種相談の利用状況に応じた相談体制を精査することにより経費の縮減に向けた検討を進めていきます。 

今年度は特に以下のことについて重点的に取り組みます

 
 窓口イノベーションの推進は、
 1. 区民にとって快適で満足度の高い窓口対応の実現
 2. 職員にとって効率的で働きやすい職場環境の整備 を目的としています。
 このため、市民課エリアを全面改修し、さらに保険年金課との連携を検討することで、より利便性の高い窓口サービスを実現します。

 また、新堺保健センターの庁舎敷地内への開設に伴い、子育て支援課との連携強化を図り、切れ目のない子育て支援体制を構築します。

 さらに、ICT等の活用により、できるだけ来庁せずに手続きが終えられる「Withコロナ」時代の窓口サービスも推進します。


 
 堺区は、昼間人口が夜間人口に比べて多いこと、増加する観光客への対応、単身高齢者が市内で最も多いことなどから発災時における課題を抱えています。

 これらの課題解決に向け、帰宅困難者への対応や指定外避難所対策、要支援者に対する具体的な避難誘導など、防災面における自助・共助・公助のあり方を改めて検討し、支援・連携体制を再構築していきます。

 令和3年度においては、堺区防災推進チームを設置し、令和4年4月に立ち上げを予定している(仮称)堺区防災推進室や(仮称)堺区地域防災テラスで取り組む事業内容の精査等を行います。


 
 若手職員で構成された「さかいコンダクターおもてなしプロジェクト(SCOP)」チームを中心として、一歩進んだ接客対応ができる親切でおもてなし精神にあふれた窓口職員の育成を進め、区民に信頼される区役所を実現します。

 コロナ後には増加が見込まれる来訪者が、安心して楽しめ、また来てみたいと好印象をいだいていただけるよう、区民のおもてなしの向上を図るため、とりわけ感受性の強い子どもの頃から、世界文化遺産を始めとした地域の魅力に触れ合う取組や、堺の伝統産業である自転車を身近に感じる取組を進め、地域への誇りや愛着につなげます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

堺区役所 企画総務課

電話番号:072-228-7403

ファクス:072-228-7844

堺市役所本館3階(郵便番号590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号)

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで