このページの先頭です

本文ここから

ネーミングライツ・パートナーの思い(くら寿司スタジアム堺編)

更新日:2022年9月2日

全国高等学校野球選手権大阪大会やプロ野球2軍戦などレベルの高い試合が行える本格的な野球場として、令和2年4月1日に原池公園野球場がオープンしました。
当球場では、本市としては初の取組となる「ネーミングライツ・パートナー」を募集し、くら寿司株式会社に本市第1号のネーミングライツ・パートナーとなっていただきました。
「くら寿司スタジアム堺」となってから3年目を迎え、利用者や地域の皆さまからはお馴染みの名称として親しまれ、子どもたちの夢や憧れのスタジアムとして、その存在感を増しています。
このたび、ネーミングライツ・パートナーに応募した経緯、地域貢献活動への実績、今後の展望など、「堺市」、「スポーツ」、「くら寿司スタジアム堺」に込める想いについて、お話を伺いました。

担当者様のご紹介

くら寿司株式会社
 広報・マーケティング本部 広報部 ジュニアマネージャー 小山 祐一郎 様

インタビュー内容

応募へのきっかけ

弊社は、堺市中区に本社をかまえており、堺市が創業の地です。その本社の近くに当球場が供用開始することにまずご縁を感じました。
また、会社として、創業の地である堺市への地元貢献を大事にしている点や、弊社の理念である「四大添加物(化学調味料、人工甘味料、合成着色料、人工保存料)無添加によるお客様の健康に貢献すること」が、堺市が進める取組「スポーツを通じた市民の健康増進」という「健康」に重きを置いている点が合致していたことも、ネーミングライツ・パートナーへの応募きっかけになりました。

くら寿司株式会社の店舗写真

本市初のネーミングライツ・パートナーとなったことでの効果

当球場のネーミングライツ・パートナーとなったことで、弊社がスポーツに係る協賛や支援を本格的に始める良い機会になりました。
立地条件として、当球場は公園の中に位置するため、野球をする方々だけではなく、市民が多く集う場所でもあります。多くの人の目に球場名が留まり、企業名の発信にも繋がっているのではないかと考えています。

ロゴマークに込めた思い

弊社のロゴマークは、世界的に活躍されているクリエイティブディレクター「佐藤 可士和(さとう かしわ)氏」にデザインしていただいており、当球場名もそのロゴをベースに手がけていただきました。
弊社は、アメリカや台湾など海外にも出店しており、寿司を日本の文化として海外に発信していきたいという思いがロゴマークには込められています。また、店内アミューズメントなど店舗での記憶に残る体験を世界に発信したいという思いもあり、江戸文字を採用しています。そのため、海外で使用するロゴも統一しました。
そういった世界観を当球場のロゴマークでも踏襲し、このくら寿司スタジアム堺から、多くの子どもたちが世界に向けて羽ばたいていってくれればと願っています。

様々な願いが込められたロゴマーク

野球場を活用した地域への貢献活動

当球場において、「くら寿司トーナメント」と冠した少年軟式野球全国大会の開会式や関西地区大会の決勝戦を行っています。また、大阪府軟式野球連盟が主催する少年軟式野球大会を「くら寿司カップ」として協賛しています。さらに、令和3年度の秋に、弊社開催の開場1周年記念イベントとして、堺少年軟式野球協会チームと協力し、元メジャーリーガーの上原浩治氏を招いた野球教室や、野球未経験の市内の子どもを対象としたベースボールアトラクションを行いました。
1周年記念イベントでは、参加上限である50組を大幅に上回る200組超の応募があり、もともと野球が好きな子どもがさらに興味を持つ機会になって欲しいという思いで参加してくださった家族もおられました。
令和4年5月に実施した「プロ野球ウエスタンリーグ公式戦(くら寿司シリーズ)」では、来場いただいた皆さまの思い出に残るものになればと、グローバル旗艦店のみで使用されている湯呑(非売品)を中学生以下の子どもたちにプレゼントしました。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、堺市と協力して企画していたこけら落としも中止になりましたが、令和3年度に一般市民向けのイベントを初めて開催し、球場名を発信する機会を設けることができました。
これまで、弊社はサービスや商品を通じてお客様の健康に貢献するという企業理念を発信してきましたが、違う方法で弊社の思いを発信できるようになったことで、従業員のモチベーション向上や社内の理解が得やすくなりました。引き続き、当球場を拠点とした取組を行い、スポーツを通じた健康への貢献と地元への貢献、そしてスポーツを頑張る子どもたちを応援していきたいと思っています。

開場1周年記念イベントの様子

グローバル旗艦店の写真

くら寿司株式会社がこれまで取り組んできたスポ―ツ支援の詳細は、以下のページをご覧ください。

くら寿司スタジアム堺や原池公園に期待すること

堺市や指定管理者においても、知名度の高い大会や市民を対象としたイベントを積極的に誘致し、「くら寿司スタジアム堺」を発信する機会を設けてほしいです。
また、公園の中には球場だけでなく、体育館、スケートボードパーク、BBQや大型遊具もあり、大規模イベントを行うにあたって、多くの人が訪れるので、アクセスの利便性向上に向けた検討をしていただければありがたいです。

ネーミングライツ・パートナーとしての今後の展望

弊社としては、「地域貢献」、「食以外の分野でも健康へ貢献」、「スポーツを頑張る子どもたちの応援」の3つを柱としているため、将来を担う子どもたちのためのスポーツ支援を主に実施していきたいです。スポーツを通じて市民の参画を促し、地域を盛り上げている事例を参考にしながら、市民、関係団体、行政がお互いに関わって、スポーツを通じた地域の活性化に繋げていきたいです。

くら寿司スタジアム堺を利用する皆さまへのメッセージ

当球場を利用している選手も子どもたちも、次のステップをそれぞれ夢見てプレーしていると思います。当球場からそれぞれの高みをめざして、さらにステップアップし、活躍されることを願っています。

くら寿司スタジアム堺の外観

このページの作成担当

文化観光局 スポーツ部 スポーツ施設課

電話番号:072-228-7567

ファクス:072-228-7454

〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館6階

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで