このページの先頭です

本文ここから

救助袋

更新日:2023年6月30日

(1)斜降式救助袋

【1】格納箱を取り除きます。

【2】誘導砂袋(ロープ)を地上操作員に投下します。

【3】地上操作員に合図し、救助袋を降ろします。

【4】袋本体を降ろし終わったら、支持金具を引き起こします。

【5】救助袋の支持枠を外に出します。

【6】ステップを倒します。

【7】フックを固定環にかけます。ロープを引き、救助袋を展張します。

【8】端末のロープは展張ロープと滑車の間にはさみ逆方向に踏み込みます。

【9】ロープの端末処理を確実に行います。

【10】足から救助袋に入り、降下準備が整うまで安心綱を握ります。

【11】降下準備ができたら安心綱を離し、両手を頭の上にあげ、肘を張らずに足を若干持ち上げ腰で滑ります。地上操作員は、降下者を受け布で止めます。

(2)垂直式救助袋

 斜降式救助袋の【1】、【3】、【4】、【5】、【6】、【10】の操作によります。

このページの作成担当

消防局 予防部 予防査察課

電話番号:072-238-6005

ファクス:072-228-8161

〒590-0976 堺市堺区大浜南町3丁2番5号

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで