このページの先頭です

本文ここから

古墳の謎2 百舌鳥古墳群とは?

更新日:2018年8月4日

謎2 百舌鳥古墳群もずこふんぐんとは?

 堺市の堺区・北区・西区・中区の4キロメートル四方にまたがる古墳群です。多くの古墳が5世紀ごろに造られたと考えられます。大きな古墳から小さな古墳まで集まっていることが特徴とくちょうで、国内最大の仁徳天皇陵古墳にんとくてんのうりょうこふん(墳丘長486m・前方後円墳)、国内3位の履中天皇陵古墳りちゅうてんのうりょうこふん(墳丘長365m・前方後円墳)、国内7位のニサンザイ古墳(墳丘長300m・前方後円墳)などがある一方、直径が15mの正楽寺山古墳しょうらくじやまこふん(円墳)や、一辺が11mの天王古墳てんのうこふん(方墳)など小さな古墳もあります。

 古墳群は、大阪湾おおさかわんが見下ろせる台地上にあり、特に仁徳天皇陵古墳や履中天皇陵古墳は、海岸線かいがんせんと並行に造られることから、海から見える姿すがた意識いしきして造られたと考えられています。

 かつては100基以上の古墳が造られたようですが、田畑たはたにするためにこわされたものや、土を取ったり、家を作ったりすることなどで無くなった古墳もあり、現在では44基が残っています。

百舌鳥古墳群もずこふんぐんの分布

百舌鳥古墳群分布図

※濠は一部を除き省略
※緑は現存古墳、赤は消滅古墳を表す

このページの作成担当

文化観光局 博物館 学芸課

電話番号:072-245-6201

ファクス:072-245-6263

〒590-0802 堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内 堺市博物館

このページの作成担当にメールを送る
本文ここまで